(東京から引っ越してきた人の作った京都小事典)

(平安時代の)山城           (INDEX:索引へ)


平安時代の「山城」は「郡境がどこであったかの資料」がなかなか見当たらないので、地図を作れない。
そこで(「郡」の構成要素である)「郷」を現在の地に比定することで、概略図作成を試みた。これで「平安時代の山城国の地図」をイメージできるか。

clickすれば大きな画像愛宕郡(赤色)
「栗野郷」は「岩倉」あたりに比定した
「大野郷」は(現在の高級住宅街)「小山」と「大宮」あたりに比定した
「錦部郷」は(京大近辺の)「吉田」に比定した
あとは(多少京都を知っている人なら)類推できるでしょう(以下の郡でも同様)

葛野郡(青色)
「上林郷」は「龍安寺」あたりに比定した
「下林郷」は(かなり難解だが)「花園」南部に比定した
「田邑郷」は「宇多野」近くに比定した
「綿代郷」は(これも難解)「御室」の東方に比定した
「橋頭郷」は「大堰川」の北方対岸に比定した
「櫟原郷」は「嵯峨天龍寺」の東に比定した
「川辺郷」は(これも難解、現在の)「折戸町」あたりに比定した
「高田郷」は「梅津」あたりに比定した
「葛野郷」は(一時期山城国の国府のあった)「太秦」あたりに比定した
「川嶋郷」は「桂」あたりに比定した
「山田郷」は「松尾神社」あたりに比定した

clickすれば大きな画像紀伊郡(紫色)
「拝志郷」は(現在の)「油小路通九条」あたりに比定/「石原郷」は「吉祥院」あたりに比定した
「大里郷」は(難解)「訓世郷」の桂川を挟んで「対岸」あたりに比定した
「石井郷」は「伏見」西部に比定/「岡田郷」は「深草」西部に比定した
「紀伊郷」は全く難解、巨椋池の北側に比定する郷がないので暫定的にここに比定した
    (平安京制定の頃「木」という里がこの辺にあった、京風に訛って「きい」となったか)

宇治郡(赤色)
「余戸郷」は「安祥寺」あたりに比定/「大国郷」は「音羽・大塚」あたりに比定した
「小栗郷」は(現在の)「小栗栖」に比定/「賀美郷」は(難解)「木幡」あたりに比定した
「岡屋郷」は「五ヶ庄」あたりに比定/「宇治郷」は宇治川の「東岸」あたりに比定した

乙訓郡(緑色)
「石作郷」は「大原野」西の「石作」に比定/「鞆岡郷」は「神足」付近の「友岡」に比定した
「榎本郷」は(現在の)「淀城跡」あたりに比定/「石川郷」は(難解)「淀」の桂川北西岸あたりに比定した

久世郡(青色)
スペースがないので、欄外(下の方)に記述します

clickすれば大きな画像綴喜郡(青色)
「甲作郷」は木津川南(現在の)「八幡市」あたりに比定
「有智郷」は木津川西の「内里」あたりに比定
「中村郷」は(現在の)城陽市「中」に比定
「綴喜郷」は(綴喜郷郡衙のあった)「興戸」に比定
「山本郷」は(現在の)京田辺市「宮津」あたりに比定
「志摩郷」「余部郷」があったが比定できず

相楽郡(赤色)
「蟹幡郷」は「綺原(かんばら)」に比定
「泉郷」は(現在の)「泉大橋」あたりに比定

clickすれば大きな画像赤▲愛宕郡
「京」の北と東、北部は葛野郡の北部も含めて「愛宕郡」

黄▲葛野郡
「京」の西

黒■紀伊郡
「京」の南、巨椋池(大海)の北側のコンパクトな郡

黄■宇治郡
久世郡とは宇治川が郡境となっているようだ(現在の宇治市は「宇治郷と久世郷」にまたがっている)

赤■乙訓郡
山城国の西部、淀川の北側(淀川が郡境)でわかりやすい

黒●久世郡
綴喜郡とは木津川が郡境となっているようだ

黄●綴喜郡
山城国を東西に横断している(現在の、八幡市・京田辺市・綴喜郡・宇治田原)

赤●相楽郡
平安時代は、現在の東部の和束町・笠置町・南山城村は「山城国」ではなかったのかも

clickすれば大きな画像(全く個人的な感想)

赤▲愛宕郡
「愛宕郷」は「葛野郡」に入れた方が、現在の「右京区」に近くなる

黄▲葛野郡
西の方の郡境は書けない(西の方は「山城国」だったか)

黒■紀伊郡

赤■乙訓郡
「桂川」「木津川」が「淀川」に合流していることが「郡境」に強く影響している(境界の交じり方が錯綜する)

黄■宇治郡

黒●久世郡
「綴喜郡」との郡境は「久世郡の方へ凹」にしたが、真実かどうか(直線的の方がよいのか)

黄●綴喜郡
「相楽郡」との郡境は(現在の郡境と同じく)「山」にしたが、多分これでよいと思う

赤●相楽郡
上でも述べたが、東の方は「山城国」か(わからない)

(補足)中央の「赤い四角」は「京」