6.中納言家持

やかもち   大伴家持 上の句順 下の句順 (INDEX)


かささきの  わたせるはしに  をくしもの  しろきをみれは  よそふけにける
かさゝぎの わたせる橋に をくしもの しろきをみれば 夜ぞふけにける
かさゝぎの 渡たせる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける

■類似語句  なし

■歌について
家持の作でない可能性も高い。七夕伝説にかけた幻想的な風情を歌ったもの。かさゝぎの橋とは、禁裏の御階のこと。
■出典
新古今集冬
■作者略歴
718-785。同じく万葉歌人の大伴旅人の子。万葉集の編者と言われている。軍事一族大伴氏の長で、従三位まで登ったが、藤原仲麻呂(恵美押勝)との政争に敗れて越中の国司として地方に下った。大津市の大伴神社に祀られている。