8.喜撰法師

上の句順 下の句順 (INDEX)


わかいほは  みやこのたつみ  しかそすむ  よをうちやまと  ひとはいふなり
我庵は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふ也
我が庵は 都の辰巳 しかぞ住む 世をうぢ山と 人はいふなり

■友札   我袖は

■歌について
伝承歌で、掛け言葉の多い機智的な歌。
■出典
古今集雑下
■作者略歴
生没年・伝未詳(810の頃か)。宇治山(三室戸の奥)の僧らしい。三室戸の奥には喜撰ヶ岳があり、中腹には喜撰洞もある。六歌仙の一人に数えられている。川柳とお茶で有名な「上喜撰」もこの宇治の地名からきている。