70.良暹法師

りやうぜん 上の句順 下の句順 (INDEX)


さひしさに  やとをたちいてて  なかむれは  いつくもおなし  あきのゆふくれ
さびしさに 宿を立出て 詠むれば いづくもおなじ あきのゆふぐれ
寂しさに 宿を立出て 詠むれば いづくも同じ 秋の夕暮

■類似語句  ながむれは
あきのゆふぐれ
さびしき・宿・秋
■歌について
秋の夕暮れを詠んだこの歌に、定家は新古今的寂寥を感じていたらしい。
■出典
後拾遺集秋上
■作者略歴
997?ー1065?、父祖ともに未詳。祇園別当を勤め、素意法師・橘俊綱らと交わる。京都大原雲林院に住んだ。