27.中納言兼輔

藤原兼輔 上の句順 下の句順 (INDEX)


みかのはら  わきてなかるる  いつみかは  いつみきとてか  こひしかるらむ
みかのはら わきてながるゝ 泉河 いつ見きとてか こひしかるらむ
瓶の原 わきて流るゝ 泉河 いつ見きとてか 恋しかるらむ

■友札 みかきもり
■親族歌人  藤原定方の従兄弟
■歌について
まだ見たことのない人への恋心を流麗に歌ったもの。
■出典
新古今集恋一
■作者略歴
877-933。藤原冬嗣の孫、利基(右大将)の六男。鴨川の堤に邸宅があったため、堤中納言と呼ばれる。紀貫之凡河内躬恒らと、延喜歌壇の中核をなしていた。 京都相良郡甕原には、まだ湧いている泉があるそうだ。
風変わりな短編物語集「堤中納言物語」(作者は若き女性と思われるが)は、この堤中納言と関係がありそう(今なお結論が出ていない)
【補】
藤原兼輔は現在の蘆山寺あたり(鴨川の堤、後に曾孫「紫式部邸」として有名になる)に住んだ。
藤原兼輔の詠んだ「みかのはら」は当時から有名で、清少納言も枕草子で1番の「原」と書いている。