90.殷富門院大輔

いんぷもん 上の句順 下の句順 (INDEX)


みせはやな  をしまのあまの  そてたにも  ぬれにそぬれし  いろはかはらす
見せばやな をじまの蜑の 袖だにも ぬれにぞぬれし 色はかはらず
見せばやな 雄島の蜑の 袖だにも 濡にぞ濡し 色は変はらず

■類似語句 
■歌について
俊恵法師の後に続いて載っていることから、歌林苑の歌合の歌ではないかと考えられる。「血の涙に濡れる」を思わせる。当時から有名な歌であったが、近世では誇張が目立って秀歌とは評価されていない。「松島や 雄島の磯に あさりせし あまの袖こそ かくは濡れしか」(源重之)が本歌。
■出典
千載集恋四
■作者略歴
1131?-1200?。従五位下藤原信成の娘、といわれる。藤原清輔の歌合によく参加。女房歌人としてよく知られていた。この殷富門院は、後白河天皇の皇女亮子(式子内親王の姉)。