85.俊恵法師

上の句順 下の句順 (INDEX)


よもすから  おもふころは  あけやらぬ  ねやのひまさへ  つれなかりけり
よもすがら 思ふ比は 明けやらぬ 閨のひまさへ つれなかりけり
夜もすがら 思ふ比は 明けやらぬ 閨の隙間さへ つれなかりけり

■類似語句  ねなまし
■親族歌人 源経信の孫
源俊頼の子

■歌について
拾遺集の増基法師の歌を本歌としている。歌林苑での歌合いの歌。恨む恋の歌。
■出典
千載集恋二
■作者略歴
1113-1191?。白河に歌林苑を営み、歌会を開いた。歌の批評に定評があった。鴨長明もその弟子。