59.赤染衛門

上の句順 下の句順 (INDEX)


やすらはて  ねなましものを  さよふけて  かたふくまての  つきをみしかな
やすらはで ねなまし物を さよ更て かたぶくまでの 月を見しかな
やすらはで 寝なまし物を 小夜更て 傾くまでの 月を見しかな

■親族歌人  平兼盛の子との説も
大江匡房の曾祖母

■歌について
藤原道隆が訪ねて来るのを夜通し待っていたが、遂に現れなかった。その女房のために、その恨みを代作して贈った。
■出典
後拾遺集恋二
■作者略歴
生没年未詳。衛門尉大隅守赤染時用の娘。一説に平兼盛の胤ともある。大江匡衡の妻。藤原道長(1016)の妻倫子に仕え、歌の巧さで名声を得た。