67.周防内侍

平仲子 上の句順 下の句順 (INDEX)


はるのよの  ゆめはかりなる  たまくらに  かひなくたたむ  なこそをしけれ
春のよの 夢ばかりなる 手枕に かひなくたゝむ 名こそ惜しけれ
春の夜の 夢ばかりなる 手枕に 甲斐なく立ゝむ 名こそ惜しけれ

■類似語句  名こそおしけれ
■友札 春すぎて

■歌について
二条院(建物の名前)で如月の月を見ながら物語をしている折、大納言藤原忠家が手枕を差し出したときに、断りの歌として詠った歌。
■出典
千載集雑上
■作者略歴
生没年未詳(1065の頃)。周防守平継仲の娘。後冷泉院に女房として仕えた。歌の評価は高く、後に鴨長明・西行らも引用している。