(京都の寺社−今昔−写真比較)

今昔に記載しなかった「その他寺社の今写真」           (INDEX:索引へ)


本ページに「記載する寺社」について説明しておきます。
洛中:  大仙院  大報恩寺(千本釈迦堂)  定家葛の塚  相国寺     洛東:  建仁寺

洛北:  金福寺  来迎院  円通寺  実相院  鞍馬寺  貴船神社  峰定寺(大悲山)  賀茂御祖神社(下鴨神社)  賀茂別雷神社(上賀茂神社)  神光院  正伝寺  遣迎院

洛西:  鹿苑寺(金閣寺)  退蔵院  桂春院  西寿寺  広隆寺  野宮神社  常寂光寺  二尊院  遍照寺

洛南:  安楽寿院  宝塔寺  瑞光寺(元政庵)  石清水八幡宮  酬恩庵(一休寺)  毘沙門堂  法界寺
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
参道(寺領の南端にある)を真っ直ぐ北上する。
英語も交えて熱心な案内がある
本堂(すべて2022−9−14撮影)
外からは辛うじて屋根だけが見える
「庭園」の写真。撮影禁止なので、参道に掲示してある看板から「大仙院の庭園」

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
現住所は七本松通今出川上ルとある
釈迦堂は街中で最古の建築物
2016−8−13撮影
応仁の乱の刀槍のきずあとを見ることができる
2007−8−10撮影
五辻通に面して大きな石標が建っている
(昭和40年代の表記)の住所が正しそう
2022−12−10撮影

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
般舟院陵入口の「制札」
2015−7−29撮影
般舟院陵(多くの天皇家関係者が眠る)
2020−2−17撮影
式子内親王の墓(「定家葛の塚」と呼ばれる)
2020−7−2撮影

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
禅寺最古の「法堂」とそれに至る石畳
2018−8−1撮影(右端も)
同じく「法堂
2016−8−1撮影
塔頭の一つ「瑞春院」。水上勉(ここの小僧に出された)「雁の寺」の舞台でもある

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
勅使門(寺領の南端にある)
我々は通れない(右も2020−6−29撮影)
「開山堂」(流石にピリリとしまっている)
栄西禅師入定塔」とある
方丈
かなり大きい(2019−11−11撮影)

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
人気(ひとけ)の少ない細い道に接する
「アプローチの石段」から「静かさ」を感じる
短い石段を登ると「山門」
2020−6−30撮影(左も)

clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像
勝林院は法然の大原問答でも有名
2007−9−14撮影
近くの後鳥羽天皇陵からも勝林院が見えるこのあたり一帯を「魚山」と呼ぶ
2022−4−13撮影(左も)

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
比叡山借景の庭、まことに雄大 「山門」、温情と格調の高さを感じる 「玄関」
2017−9−17撮影(いずれも)

clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像
大雲寺への「参道」(今残る大雲寺に見るべきものは無い、書物に出てくる大雲寺は少し離れて案内板があるのみ)“真っ白な”仮本堂が建っている(古寺には相応しくない)「旧地」に残る「閼伽井堂」
2021−12−9撮影(すべて)

clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像
割拝殿。真中に階段があって、2つに割れている
2022−9−13撮影(いずれも)
本殿の回廊に石像狛犬が置かれている。これはレプリカで、本物は京都国立博物館に寄託中境内の大杉。樹齢約600年、樹高約50m。京都市天然記念物

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
映像によく出てくる「本宮へ登る石段」
最近は多くの人が参拝します
和泉式部もここまで来て歌を詠んだ。結社の脇に「歌碑」がある 奥宮。やはりここまで足を延ばさねば
2022−9−13撮影(いずれも)

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
本堂へは「二王門」(写真)からひたすら登る
(貞和6年(1350)再建)
「寺谷川」越しに望む「二王門」
2015−10−29撮影
「二王門」の手前に名料亭美山荘」がある
2006−7−19撮影(左端も)

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
「楼門」(重文、寛永5年(1628)から式年ごとに解体・修理)。2017−10−11撮影 御手洗社」(井上社とも、御手洗川の湧くところ(井戸)。御手洗川はここから流れ始める) 御手洗川」(「本殿」のを南北に流れる川)と、その川に架かる「輪橋(そりはし)」
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
泉川」。「糺の森」の中央を走る「表参道」のを南北に流れる川。北は松ケ崎から流れてくる 瀬見の小川」。「表参道」の西を南北に流れる川。鴨長明も詠っている 奈良の小川」。「楼門」(上の写真)を東西に流れる川。楢の小川と間違えやすい

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
上賀茂神社の「降臨石」がある「神山
2017−5−2撮影
上賀茂神社内を流れる楢の小川
2020−7−2撮影
社家町」の明神川
2019−11−13撮影

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
端正な「表門」
「厄除弘法大師」とある
蓮月尼舊栖之茶所」の碑がある 境内にある御茶所
2020−7−2撮影(いずれも)

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
方丈庭園(北東を見る−東に月が出る
白砂と刈込で獅子の児渡しを表現する枯山水
「鐘楼」へ至る道も乱れ石敷になっている
2009−5−4撮影(いすれも)
入口には、護国禅寺らしく厳しく「火用心」「照顧脚下」の札が架かっている

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
城構え風の「長屋門」が目立つ
随分と立派な「遣迎院石標」も建っている
不在のときには、書院右手の「銅鑼」を鳴らす
2020−6−30撮影(左も)

clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像
西大路通から「金閣寺道」を望むのが精一杯
2016−5−31撮影
(誰もが撮影する)「舎利殿 金閣」
2022−12−10撮影(右も)
「鐘楼」、一撞き200円。ここまで商魂たくましい(拝観料だけで莫大だろうに)

clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像
入口にあたる「三門」、「薬医門」という名が付いている拝観者の入口となる「庫裡」
2022−12−10撮影(いずれも)
門前の看板で我慢、拝観しても「模写図」しか見られない

clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像
入口にあたる「三門」拝観者の入口となる「庫裡」
2022−12−10撮影(いずれも)
桂春院に至る「石畳」、(私の種本)川勝政太郎の「京都古寺巡礼」に掲載されている写真に似せた

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
「本堂」は泉谷にひっそり潜んでいるかのように見える。谷の入口に石仏と十三重塔。 谷に降りてから、この石段を登ると「本堂」
2015−7−28撮影(いずれも)
「本堂」の裏手に回ると、洞窟内に石仏がある(「泉谷」の感じがする)

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
「山門(仁王門)」。門柱には「うつまさ 聖徳皇太子殿」とある 石畳から外れて右にあるのが「講堂」(重文)
2020−7−2撮影(いずれも)
さらに歩いていくと石畳の正面突き当たりにあるのが上宮王院(太子堂)

clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像
黒木の鳥居と小柴垣
2021−7−11撮影(いずれも)
境内の風景「本殿」。野宮大神=天照皇大神

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
「山門」の脇には塀がある。紅葉の頃は「押すな押すな」の大盛況になります 「多宝塔」とそこへ至る石段 「多宝塔から見る嵯峨野」
2021−12−6撮影(すべて)

clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像clickすれば大きな画像
入口にあたる「総門」
2017−9−4撮影
「総門」から「紅葉の馬場」(不揃い段幅の石段)を望む。2021−12−8撮影(右も)「本堂」の「阿弥陀如来立像」(左)と「釈迦如来立像」(右)(ここは撮影可)

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
「山門」。潜ればすぐ「本堂」に突き当たる 「本堂」、といっても本堂くらいしかない
2020−2−17撮影(いずれも)
寺前の「広沢池」、池の向こうは「遍照寺山」という(朝原山、千代原山とも)、静かな眺め

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
書院に至る山門(非公開)
2020−10−27撮影(すべて)
鳥羽で最も優美な建造物
安楽寿院南陵(近衛天皇陵)となる多宝塔
これも近くの安楽寿院陵(鳥羽天皇陵)

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
長い石段を登りつくと「朱塗りの仁王門」
2020−7−2撮影(すべて)
現存最古(in京都)の多宝塔(重文)
変わった屋根の葺き方で「行基葺」と呼ばれる
この堂の下を潜って石段を登れば七面山
元気な人にお薦め

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
石段を上ると「山門」(なんとなく現代風)
2020−7−2撮影(いずれも)
今も「瓦葺の本堂」(これしか見るものがない) 「本堂」には「寂音堂」の銘がある。

clickすれば大きな画像
石清水八幡宮の境内を歩いていると、「神応寺」の山門に遭遇する。2014−12−5撮影

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
入口にあたる「総門」
2011−9−25撮影(右も)
寺の周りは「長閑な農村」
矢印があるのは「甘南備山」

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
参道入口にある「毘沙門堂門跡」の碑
2017−11−10撮影(いずれも)
石段の上が「仁王門」
寛文5年(1665)建立の二天像が護る
「宸殿」
貞享3年(1686)後西天皇の旧殿をここに移築した

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
山門、「ひのやくし」の石柱がある
2020−10−29撮影(右も)
檜皮葺阿弥陀堂(国宝、鎌倉時代の再建)
境内までは無料(外観は見られる)
お隣の「日野誕生院