(京都の寺社−今昔−写真比較)

今昔に記載しなかった「その他寺社の今写真」           (INDEX:索引へ)


本ページに「記載する寺社」について説明しておきます。
洛中:  大仙院  大報恩寺(千本釈迦堂)  定家葛の塚  相国寺     洛東:  建仁寺

洛北:  金福寺  来迎院  円通寺  実相院  鞍馬寺  貴船神社  峰定寺(大悲山)  賀茂御祖神社(下鴨神社)  賀茂別雷神社(上賀茂神社)  神光院  正伝寺  遣迎院

洛西:  鹿苑寺(金閣寺)  退蔵院  桂春院  西寿寺  広隆寺  野宮神社  常寂光寺  二尊院  遍照寺

洛南:  安楽寿院  宝塔寺  瑞光寺(元政庵)  石清水八幡宮  酬恩庵(一休寺)  毘沙門堂  法界寺

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
現住所は七本松通今出川上ルとある
釈迦堂は街中で最古の建築物
2016−8−13撮影
応仁の乱の刀槍のきずあとを見ることができる
2007−8−10撮影

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
般舟院陵入口の「制札」
2015−7−29撮影
般舟院陵(「定家塚」の写真は撮り損ねた)
2020−2−17撮影


clickすれば大きな画像
勝林院は大原問答でも有名
2007−9−14撮影

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
比叡山借景の庭、まことに雄大
2017−9−17撮影
山門、温情と格調の高さを感じる
2017−9−17撮影


clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
「仁王門(山門、写真)」を抜けてどんどん登る
2017−5−2撮影
本殿(金堂)は山奥深い(竜王岳から見た)
2015−12−16撮影


clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
本堂へは「二王門」(写真)からひたすら登る
(貞和6年(1350)再建)
「二王門」の手前に名料亭美山荘」がある
2006−7−19撮影(左も)

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
「楼門」(重文)
(寛永5年(1628)から式年ごとに解体・修理)
御手洗社」(井上社とも、御手洗川の湧くところ(井戸)) 御手洗川」に架かる「輪橋(そりはし)」
2017−10−11撮影(いずれも)

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
上賀茂神社の「降臨石」がある「神山
2017−5−2撮影
上賀茂神社内を流れる楢の小川
2014−4−1撮影
社家町」の明神川
2019−11−13撮影


clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
方丈庭園(北東を見る−東に月が出る
白砂と刈込で獅子の児渡しを表現する枯山水
「鐘楼」へ至る道も乱れ石敷になっている
2009−5−4撮影(左も)


clickすれば大きな画像
西大路通から「金閣寺道」を望むのが精一杯
2016−5−31撮影



clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
「本堂」は泉谷にひっそり潜んでいるかのように見える。谷の入口に石仏と十三重塔。 谷に降りてから、この石段を登ると「本堂」
2015−7−28撮影(左も)



clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
「山門」の脇には塀がある。紅葉の頃は「押すな押すな」の大盛況 しかし「全山真っ赤に」なります
2009−11−24撮影(左も)

clickすれば大きな画像
入口にあたる「総門」(参道を入れ損ねた)
2017−9−4撮影

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
「本堂」、といっても本堂くらいしかない
2020−2−17撮影(右も)
寺前の「広沢池」、池の向こうは「遍照寺山」という(朝原山、千代原山とも)、静かな眺め




clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
「本社」、10棟が国宝。貫禄がある
2016−12−30撮影
男山の麓にある「一の鳥居」
2014−12−5撮影

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
入口にあたる「総門」
2011−9−25撮影(右も)
寺の周りは「長閑な農村」
矢印があるのは「甘南備山」

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像
参道入口にある「毘沙門堂門跡」の碑
2017−11−10撮影(右も)
石段の上が「仁王門」
寛文5年(1665)建立の二天像が護る