(東京から引っ越してきた人の作った京都小事典)

街道           (INDEX:索引へ)


京都に出入りする街道はどうなっていたのか。江戸幕府以前(京都が政治的にも中心であった時代)を中心に考えてみた。

名前所属する国名(時代によって国名も変化する、ある断面(9世紀前半)で捉えた)
(A)東海道(伊勢、志摩、伊賀)、(尾張、三河、遠江、駿河)、甲斐、(伊豆、相模)、武蔵、(常陸、下総、上総、安房)
(B)東山道近江、美濃、飛騨、信濃、上野、下野、陸奥、出羽
(C)北陸道若狭、越前、加賀、越中、能登、越後、佐渡
(D)山陰道丹波、丹後、但馬、因幡、伯耆、出雲、石見、隠岐
(E)山陽道播磨、備前、美作、備中、備後、安芸、周防、長門
(F)南海道紀伊、淡路、讃岐、阿波、伊予、土佐
(G)西海道豊前、豊後、筑前、肥後、肥前、壱岐、対馬、筑後、日向、大隅、薩摩、多祢島
作品名作者旅の期間主な内容(旅に重きを置いて)旅した国
@土佐日記紀貫之承平4年(934)〜承平5年(935)任国土佐から京に戻るまでの55日間の船旅を歌(全57首)を交えて仮名文で綴ったもの。土佐(大津、室津)、住吉、淀川遡行(街道は見えない
A伊勢物語不詳9世紀後半かある男(在原業平)の元服から死にいたるまでを数行程度の仮名の文と歌で構成したもの。東国へ流離する「東下り」(7〜15段)が紀行風。伊勢、尾張、信濃、三河、駿河、武蔵、陸奥(飛び飛び過ぎて、どう歩いたかわからない)
B更級日記菅原孝標の女寛仁4年(1020)13歳の時に、父の任国上総から京に上る。その道中記(巻頭部)から始まって、・・・約40年間の半生を振り返った自伝的回想記(京の住まいは竹三条宮)。上総、武蔵、相模、駿河、遠江、三河、尾張、美濃、近江(東海道を90日で上洛(街道の状況がよくわかる))
C十六夜日記阿仏尼(藤原為家の後妻)建治3年(1277)〜弘安元年(1278)所領紛争を鎌倉幕府に訴えるために京都から鎌倉へ下った際の道中記(前編)、および鎌倉滞在の間の出来事を書いたもの(京の住まいは藤原定家京極第か)。 もうこの頃粟田口から東海道を(道筋どおり鎌倉まで)14日で歩けた(泊まった「日・場所」も記録されている)。
Dとはずかたり二条(久我大納言雅忠の女)正応2年(1289)〜嘉元2年(1304)前編は廷臣や高僧とも関係を結ぶ男性遍歴や華やかな宮廷生活を描いたもの、後編(4〜5巻)は諸国行脚の旅に出た。美濃、三河、尾張、駿河、伊豆、相模、武蔵、信濃、伊勢、伊賀、安芸、讃岐、備中
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 @『山国街道(氷室、京見峠へ抜ける道)』
始点=長坂口北区鷹峯旧土居町

A『鞍馬街道(下鴨中通から鞍馬寺へ抜ける道)』
始点=鞍馬口出雲路橋の西詰)

B『若狭街道』始点=大原口今出川通寺町角
 『若狭街道』が『(C)北陸道』に繋がる

C『(A)東海道・(B)東山道
始点=粟田口(神宮道通三条下る)(三条大橋西詰

D『伏見街道』(北端は現在の「本町通」)
始点=伏見口(五条大橋西詰あたり)

E『鳥羽街道(北端は現在の「千本通」)』
と『西国街道(東端は現在の「九条通」)』
始点=鳥羽口(九条通千本東入ル、羅城門跡近く) 『西国街道』が『(E)山陽道、(F)南海道、(G)西海道』に

F『(D)山陰道(東端は現在の「七条通」)』
始点=丹波口(千本通七条上ル)