(京都の寺社−今昔−写真比較)

「寺社以外も含めて昭和40年代の京都の写真」から           (INDEX:索引へ)


建物昭和40年代現在その他
(撮影年月日)1975−5−152007−12−5
「市電のあった街路」 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 下鴨本通の「一本松」あたり


住所:左京区下鴨松ノ木町
比較(コメント) この日は「葵祭」だった
市電の車窓から撮影
もう市電はない
市バス「1号系統」が走っている
建物昭和40年代現在その他
(撮影年月日)1974−4−62007−12−5
「街角の商店」 clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「無二膏」を製造販売している
「雨森敬太郎薬房」


住所:中京区車屋町通二条下ル



比較(コメント) 立派な看板と暖簾が目立つ (右隣の車庫シャッターも)
今も変わらない
建物昭和40年代現在その他
(撮影年月日)1969−32017−9−4
「化野念仏寺」


現在は、浄土宗
華西山東漸院念仏寺


(種本によれば)「祇王寺を過ぎて
愛宕街道をさらに北に進むと
化野念仏寺がある」
と記述されている
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 本堂近くから「西院の河原」を眺める


「西院の河原」の先に「お迎え地蔵」
の小屋が見える
モノクロ写真が似合う
石仏群が並ぶ
参拝者が多くなり
石仏に「赤い前掛け」が掛けられている
比較(コメント)
1974−2−32017−9−4(撮影年月日)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「西院の河原」越しに「地蔵堂」を眺める

地蔵堂の右に寺務所が見える


地蔵盆(8/23、24)の夕刻は
蝋燭に包まれる「千灯供養」
が行われる
石仏は
整然と並べられている
今も
風葬の「儚さ」が感じられる
比較(コメント)
建物昭和40年代現在その他
(撮影年月日)1969−32017−9−4
「鳥居本」


「愛宕街道」の先にある
「愛宕神社の鳥居」が建てられている。

その鳥居を中心にした地区を
「鳥居本」と呼び、古くから
民家・茶店・旅籠が集まった。

現在は「重要伝統的建造物保存地区」
指定され、観光客の人気を集めている。
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 愛宕街道から「鳥居」へ「下る坂道」


鳥居の手前に見えるのが
名店「鮎よろし平野屋」

勿論鮎も美味いが
「きぬかつぎ」の炊いたんは絶品。
質朴な下り道 塀は荒れ気味で、少し雰囲気が違う 比較(コメント)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 その鳥居の先にあるのが
名店「鮎の宿つたや」

2軒とも時代劇に出てきそう。



茅葺が
江戸時代を感じさせる
茅葺も暖簾も
“きちんと”整えられている
比較(コメント)