(東京から引っ越してきた人の作った京都小事典)

アルバム           (INDEX:索引へ)


(1)他のページに掲載していない、(2)他のページから「写真リンク」したい
写真を掲載しています。順不同(登録順)

鷹ヶ峰と鷲ヶ峰オグロ坂峠鳥居本「つたや」鯖街道:水坂峠越え蹴上船溜り蹴上浄水場京都水族館嵯峨嵐山文華殿伏見桃山城河井寛次郎資料館
鳥戸野陵花園西陵大神宮橋尺八の北原精華堂小嶋提灯店冬の「北山杉」京都観世会館茶寮都路里ぎをん小森村上重本店
志る幸奥伊根温泉油屋別館舞鶴赤れんがパーク長谷川松寿堂鶴屋壽東華菜館京極スタンド中村屋の「助六」末廣壽司の「むしずし」柚子屋旅館
岡崎天王町町花火牛尾観音音羽の滝和泉式部の墓(木津川)細辻伊兵衛(四条)上賀茂神社の岩本社月桂冠大倉記念館古今伝授の間桃山幼稚園
小野毛人の墓原谷苑の桜京すだれ「西河」花かんざし京都橘大学種智院大学京都おはし工房常久刃物店大原地図呂川
大原村道路元標山田牧場

鷹ヶ峰(左)と鷲ヶ峰(右)
clickすれば大きな画像
鷹ヶ峰(260m、兀山(はげやま))、鷲ヶ峰(三角点314m、北区大北山)

先頭へ
オグロ坂峠
clickすれば大きな画像
870m、八丁平の北の入口、峰床山の東稜線、左京区久多下の町

先頭へ
鳥居本「鮎の宿つたや
clickすれば大きな画像
鳥居本には「鮎よろし平野屋」と「鮎の宿つたや」が2軒並ぶ

先頭へ
鯖街道:水坂峠越えの若狭熊川宿
clickすれば大きな画像
2002−9−22撮影

先頭へ
琵琶湖疏水の「蹴上船溜り」日向大神宮の大神宮橋から望む、山科区日ノ岡)
clickすれば大きな画像
九条山ポンプ場前が「船溜り」になっていた。昔はここで水遊びをした

先頭へ
京都市上下水道局蹴上浄水場(東山区粟田口)
clickすれば大きな画像
毎年連休の躑躅の季節に公開される。南禅寺の先に大文字山、その左は比叡山

先頭へ
京都水族館(下京区観喜寺町)
clickすれば大きな画像
梅小路公園の中に、平成24年(2012)開業した。展示「京の川」が面白い

先頭へ
嵯峨嵐山文華殿(右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町)
clickすれば大きな画像
昔は『小倉百人一首殿堂「時雨殿」』と呼んでいた

先頭へ
伏見桃山城(伏見区桃山町、近鉄丹波橋駅から望む)
clickすれば大きな画像
昭和39年(1964)建造。踏切の先に「桃山羽柴長吉東町」などがある

先頭へ
河井寛次郎資料館(東山区五条坂鐘鋳町)
clickすれば大きな画像
資料館の中に入ると、寛次郎の暮らしぶりがわかる。何回訪れても飽きない

先頭へ
鳥戸野陵(東山区今熊野泉山町)
clickすれば大きな画像
一条天皇皇后「定子」の墓。「とりべの の みささぎ」と読む

先頭へ
花園西陵(右京区花園扇野町 )
clickすれば大きな画像
待賢門院の墓。宮内庁「藤原璋子花園西陵」との石碑が立っている

先頭へ
大神宮橋(左京区粟田口大日山町 )
clickすれば大きな画像
蹴上船溜りの脇に架かる橋、これを越えると日向大神宮大日山へ行ける

先頭へ
尺八制作の北原精華堂
clickすれば大きな画像
中京区室町通夷川上ル

先頭へ
小嶋提灯店
clickすれば大きな画像
東山区今熊野椥ノ森町

先頭へ
冬の「北山杉」
clickすれば大きな画像
北区小野(通称=小野郷)あたり(撮影:宮下、2011年12月)

先頭へ
京都観世会館
clickすれば大きな画像
岡崎公園、国立近代美術館の南側(岡崎疎水を渡って)にある

先頭へ
茶寮都路里
clickすれば大きな画像
祇園辻利が運営する甘味処「茶寮都路里 祇園本店」。いつも女性で大混雑

先頭へ
甘味どころぎをん小森
clickすれば大きな画像
辰巳大明神の傍、白川の畔、これまた女性が大行列

先頭へ
京つけもの村上重本店
clickすれば大きな画像
下京区西木屋町四条下ル。11月〜3月限定の千枚漬が絶品。「丸に十の字」

先頭へ
志る幸
clickすれば大きな画像
四条河原町上ル一筋目東入。昭和7年(1932)創業。その昔は「本当に汁だけ」を提供する店だった

先頭へ
奥伊根温泉油屋別館 和亭
clickすれば大きな画像
伊根観光のついでに、新鮮な「蟹、鰤」が食べられる

先頭へ
舞鶴赤れんがパークにある「赤レンガ倉庫群」
clickすれば大きな画像
旧舞鶴海軍軍需部本部地区に12棟並んでいる(重要文化財、近代化産業遺産)

先頭へ
長谷川松寿堂
clickすれば大きな画像
大正8年(1919)「色紙・短冊・和紙工芸品」の製造業として創業。姉小路通堺町西入ル

先頭へ
鶴屋壽
clickすれば大きな画像
昭和23年(1948)創業。右京区天龍寺車道町。ここのさ久ら餅は通年販売

先頭へ
東華菜館
clickすれば大きな画像
昭和21年(1946)。京都の真ん中、四条大橋西詰「スパニッシュ・バロックの洋館(大正15年(1926)築)」で北京料理が食べられる

先頭へ
京極スタンド
clickすれば大きな画像
新京極商店街にある「京極スタンド」。12:00から飲めるので重宝している

先頭へ
中村屋の「助六」
clickすれば大きな画像
注文した「助六」を店に取りに行くと、座敷に並んでいる。包み紙もGoodです

先頭へ
末廣壽司の「むしずし」
clickすれば大きな画像
冬この店に行ったら是非「むしずし」を。暖かくて美味しい

先頭へ
柚子屋旅館
clickすれば大きな画像
東山区祇園町八坂神社南隣。お昼は「柚子雑炊膳」が頂ける

先頭へ
岡崎天王町
clickすれば大きな画像
大文字から眺めると、こんな風に見える

先頭へ
町花火
clickすれば大きな画像
夏、それぞれの家では、子供にせがまれて「花火」で遊びます

先頭へ
牛尾観音
clickすれば大きな画像
牛尾山の中腹にある「牛尾山法厳寺」の通称。住所は「山科区音羽南谷」になる(撮影:宮下)

先頭へ
音羽の滝
clickすれば大きな画像
牛尾観音の近く(山の中)にある。でも住所は「山科区小山長尾」になる(撮影:宮下)

先頭へ
和泉式部の墓(木津川)
clickすれば大きな画像
和泉式部の墓はいくつかある、なぜ木津川にあるのか明確な根拠はない、大和守藤原保昌の関係か

先頭へ
細辻伊兵衛(四条)
clickすれば大きな画像
町屋手拭を買うなら、いくつもShopはあるが、観光客には「四条店」が一番買いやすいか(四条通河原町西入ル御旅町34)

先頭へ
上賀茂神社の岩本社
clickすれば大きな画像
上賀茂神社の境内末社の一つ。在原業平を祀っている。徒然草にも出てくる

先頭へ
月桂冠大倉記念館
clickすれば大きな画像
この界隈は「酒蔵」が立ち並ぶ。濠川(宇治川派流)の岸辺にも

先頭へ
古今伝授の間
clickすれば大きな画像
細川藤孝が八条宮智仁親王に「古今和歌集解釈の奥儀を伝授した」建物=「古今伝授の間」、その「ゆかりの地」(長岡天満宮境内)にこの石碑が建てられた(2013年)。「温故知新」の揮毫は元首相・細川護熙

先頭へ
伏見区にある桃山幼稚園
clickすれば大きな画像
日本聖公会桃山基督教会が設置した「桃光保育園」を幼稚園に改組して開園した。御香宮神社の門の近くにある。木造の園舎にとても温かみを感じる

先頭へ
小野毛人の墓
clickすれば大きな画像
崇道神社の奥にある。写真は道標で、実際の墓はここから「140m登ったところ」、ご丁寧に「杖」が用意してある

先頭へ
原谷苑の桜
clickすれば大きな画像
原谷苑の桜は有名だが、入園料が高くて混雑するので「外苑」から見る桜で我慢

先頭へ
京すだれ「西河
clickすれば大きな画像
高級な「すだれ」を買うなら、天保2年(1831)創業の西河で

先頭へ
花かんざし
clickすれば大きな画像
舞妓さんの付ける「髪飾り」。金竹堂の店内をガラス越しに撮影した

先頭へ
京都橘大学
clickすれば大きな画像
かつては「女子大」だったが、平成17年(2005)男女共学化した。山科にあり、中高を併設している

先頭へ
種智院大学
clickすれば大きな画像
空海の綜芸種智院の流れを汲む密教系の小さな大学。昭和24年(1949)設立(伏見区向島西定請)

先頭へ
京都おはし工房
clickすれば大きな画像
日本で唯一の誂え御箸専門店。なぜか「めだか」も販売している(右京区花園天授ヶ岡町)

先頭へ
常久刃物店
clickすれば大きな画像
四条通にある刃物屋の名店、創業寛永8年(1631)。3階に移転したので見つけ難くなった。我家の鋏はここで買った(50年以上使い続けている)

先頭へ
大原地図
clickすれば大きな画像
大尾山から流れる水は音無の滝を経て律川になり三千院の脇を流れる。
来迎院呂川律川の挟まれた位置にある。
さらに律川の北側に勝林院後鳥羽天皇陵がある。

先頭へ
呂川
clickすれば大きな画像
大原には「呂律が廻らない」の語源となった「呂川」と「律川」が流れている

先頭へ
大原村道路元標
clickすれば大きな画像
旧「大原道」三千院前の呂川を渡るところに「村の道路元標」がある

先頭へ
山田牧場
clickすれば大きな画像
京都の街中に(北区紫竹下長目町)牧場とは。一瞬驚くが、信楽山田牧場の牛から搾った牛乳のみを販売する店。結構「京都市民」の人気は高い

先頭へ