17.在原業平朝臣

上の句順 下の句順 (INDEX)


ちはやふる  かみよもきかす  たつたかは  からくれなゐに  みつくくるとは
ちはやぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くゞるとは
ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 韓紅に 水くゞるとは

■類似語句  龍田の川
■親族歌人 在原行平の弟
大江千里の叔父
■歌について
奇抜な着想に基づき、紅葉の光景を歌ったもの。「紅葉が川の水を『くくり染め』している」と解釈する。清和天皇の女御高子を想って創ったといわれる。
■出典
古今集秋下
■作者略歴
825-880。在原行平の異母弟。母は桓武天皇皇女伊都内親王。美男子として有名で「伊勢物語」の主人公といわれている。左近衛中将であったため、在五中将ともいわれる。六歌仙の一人に数えられている。