23.大江千里

上の句順 下の句順 (INDEX)


つきみれは  ちちにものこそ  かなしけれ  わかみひとつの  あきにはあらねと
月みれば 千々に物こそ 悲しけれ 我身ひとつの 秋にはあらねど
月見れば 千々に物こそ 悲しけれ 我身ひとつの 秋にはあらねど

■親族歌人  在原業平の甥
在原行平の甥
■歌について
白楽天の白氏文集からの翻案。秋の夜のしみじみとした物思いの情を詠ったもの。
■出典
古今集秋上
■作者略歴
生没年未詳。平安初期(900年頃)。大江音人(平城天皇の曾孫)の子。漢学者でもあり、宇多天皇をめぐる歌壇に属していた。博覧宏才の聞こえあり、清和天皇の侍読となった。滋賀県瀬田町大江の小祠に祠られてた。今は野上神社にある。