13.陽成院

上の句順 下の句順 (INDEX)


つくはねの  みねよりおつる  みなのかわ  こひそつもりて  ふちとなりぬる
つくばねの 峰より落る みなの川 こひぞつもりて 淵となりぬる
筑波嶺の 峰より落る みなの川 恋ぞ積もりて 淵となりぬる

■親族歌人  元良親王の父

■歌について
光孝天皇の皇女綏子内親王への恋の思いを訴えた歌。元良親王の父であるために、百人一首に入ったと思われる。
■出典
後選集恋三
■作者略歴
第57代(868-949,在位876-884)。清和天皇の第一皇子。9歳で即位したが、脳病のためか、藤原基経の陰謀のためか、わずか 8年で、光孝天皇に譲位した。しかしその後、長生きし 82歳まで生きた。乱暴が多かったと言われる。
【補】
陽成天皇は染殿で生まれた。
最近の研究で「譲位の原因」は(あろうことか)「天皇の近侍を殿上で陽成が殴殺した」ことによることで確定しつつある。
陽成天皇は上皇になって「院御所」として陽成院を建て、長い院生活の前半をここで過ごした。後半は冷泉院で過ごした。
陵は京都神楽岡にある。