20.元良親王

もとよし 上の句順 下の句順 (INDEX)


わひぬれは  いまはたおなし  なにはなる  みをつくしても  あはむとそおもふ
わびぬれば 今はた同じ 難波なる 身をつくしても あはむとぞ思ふ
侘びぬれば 今はた同じ 難波なる 身をつくしても 逢はむとぞ思ふ

■類似語句  あはむとぞおもふ
身をつくして
■親族歌人 陽成院の子
■歌について
宇多天皇の后京極御息所との恋が露見した後、なお逢いたいという情熱を詠ったもの。前の句(伊勢)の対句になっている。
■出典
後選集恋五
■作者略歴
890-943。陽成天皇の第一皇子。和歌の才能に恵まれる。風流好色で、常に女性に文を送っていたと言われる。勅撰集に 20首を残す。