77.崇徳院

上の句順 下の句順 (INDEX)


せをはやみ  いはにせかるる  たきかはの  われてもすゑに  あはむとそおもふ
瀬をはやみ 岩にせかるゝ 滝川の われてもすゑに あはむとぞおもふ
瀬を早み 岩にせかるゝ 滝川の 分れてもすゑに 逢はむとぞ思ふ

■類似語句  あはむとぞ思ふ

■歌について
恋の激しさを鋭く詠った歌。定家は「八代集」などにも撰んでいる。
■出典
詞花集恋上
■作者略歴
第75代(1119-1164,在位1124-1141)。鳥羽天皇の第一皇子、母は待賢門院璋子。父と美福門院得子に疎まれ 22歳で廃位。藤原頼長の養女呈子を中宮とし、鳥羽院崩御を機に頼長と組んで保元の乱を興したが、後白河に敗れ、讃岐に流された。