30.壬生忠岑

みふの ただみね 上の句順 下の句順 (INDEX)


ありあけの  つれなくみえし  わかれより  あかつきはかり  うきものはなし
有明の つれなくみえし 別れより 暁ばかり うきものはなし
有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし

■友札 ありま山
■親族歌人  壬生忠見の父
■歌について
有明の月(十五夜以降の月)がそ知らぬ顔をして出ている。逢えぬ日が続くこの月の出る暁(夜明け直前)の頃が悲しい。
■出典
古今集恋三
■作者略歴
生没年未詳。壬生という姓は天足彦国押人の家系。和泉大将の藤原定国の随臣を始め卑官(摂津権大目)を歴任。延喜(900)年中、禁中の歌合でこの歌を詠い、古今集の撰者に抜擢された。後鳥羽院に求められて、定家・家隆は、この歌が随一と評した。