58.大弐三位

藤原賢子 上の句順 下の句順 (INDEX)


ありまやま  いなのささはら  かせふけは  いてそよひとを  わすれやはする
ありま山 いなの篠原 風吹ば いでそよ人を わすれやはする
有馬山 猪名の篠原 風吹ば いでそよ人を 忘れやはする

■友札 有明の
■親族歌人  紫式部の子

■歌について
男の覚束ない心を責めて、葉と葉のすれ合う音に掛けて、私の心はそよいでいる、と詠った歌。
■出典
後拾遺集恋三
■作者略歴
生没年未詳。越後守藤原宣孝と紫式部との間の長女。太宰大弐高階成章の妻。後一条院(1016)の乳母に召され、三位の官を賜った。「狭衣物語」の著者でもある。