78.源兼昌

上の句順 下の句順 (INDEX)


あはちしま  かよふちとりの  なくこゑに  いくよねさめぬ  すまのせきもり
淡路嶋 かよふ千鳥の なく声に 幾夜ね覚ぬ すまの関守
淡路嶋 通ふ千鳥の 鳴く声に 幾夜ね覚ぬ 須磨の関守

■友札   哀とも

■歌について
みずからの哀れを詠んだ歌。源氏物語の須磨の巻の歌を踏まえている。
■出典
金葉集冬
■作者略歴
?-1112?。源俊輔(美濃守)の二男。敦実親王の六代孫らしい。堀河院歌壇、藤原忠通の歌壇に属していたらしい。定家はこの歌を本歌としてとっていることもあり、ある程度著名であったらしいが、他に優れた歌はあまり知られていない。皇后宮少進。