19.伊勢

上の句順 下の句順 (INDEX)


なにはかた  みしかきあしの  ふしのまも  あはてこのよを  すくしてよとや
難波がた みしかきあしの ふしのまも あはで此よを 過してよとや
難波潟 短き蘆の 節の間も 逢はで此世を 過してよとや

■友札   難波江の
名にしおはゞ
■歌について
藤原仲平との恋の歌である。次の元良親王と対句。
■出典
新古今集恋一
■作者略歴
877?-939?。伊勢守藤原継蔭の娘。宇多天皇の中宮温子に仕え、宇多天皇の皇子行明親王を生み、伊勢の女御と呼ばれた。この前後にも、温子の兄藤原仲平、宇多天皇の皇子敦慶親王などとの恋もあり、古今当代一の美貌の女性歌人である。