15.光孝天皇

上の句順 下の句順 (INDEX)


きみかため  はるののにいてて  わかなつむ  わかころもてに  ゆきはふりつつ
君がため 春の野に出て 若菜つむ わが衣手に 雪はふりつゝ
君がため 春の野に出て 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつゝ

■類似語句  わがころもで
雪はふりつゝ
■友札 君がためお
■親族歌人 源宗干の祖父
平兼盛の曽祖父
■歌について
親王時代、若菜を贈るときに添えた挨拶の歌。前の句(河原左大臣)と対句になっている。
■出典
古今集春上
■作者略歴
第58代(830-887,在位884-887)。仁明天皇の第三皇子で、陽成天皇の後を受けて、55歳で即位した。小松天皇とも言う。