京都の街角写真

河原町通           (INDEX:索引へ)


現在京都で最も賑やかな「通り」です。
市バス「205」系統が京都駅から北大路まで一気にカバーしています。

【森谷】「葵橋西詰」から“十条通”に至る。全長約6.6km。
“四条河原町”交差点の写真が掲載されている。


  直接飛ぶのなら 今出川  丸太町  御池  三条
西側南北位置東側
漬物・味噌の老舗「田辺宗」

創業明治8年(1875)。

さすがに看板が時間を感じさせる。

(葵橋下ル)

(撮影:2013/2/16)
clickすれば大きな画像 葵橋西詰下ル

今出川上ル
clickすれば大きな画像 立ち呑み酒屋「木村酒店」

最近は立ち呑みはやらせてくれない模様。

(葵橋下ル)

(撮影:2013/2/16)
名代豆餅「出町ふたば」

創業明治32年(1899)。
行列が絶えない、このくらいは少ない方。

豆餅の賞味期限は当日限りなので、お土産にし難い。

(今出川上ル)

(撮影:2013/2/16)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「尾崎食品」

創業昭和24年(1950)。

元々は「こんにゃく屋」、今はいろいろなものを売っている。

(今出川上ル)

(撮影:2013/2/16)
西側南北位置東側
「出町輸入食品」

創業昭和26年(1951)。

店名が風変わり。元々は輸入食品全般を取り扱っていたが、最近はコーヒーに特化している模様。

(今出川下ル)

(撮影:2013/2/16)
clickすれば大きな画像 今出川下ル

丸太町上ル



ページの先頭
clickすれば大きな画像 「北村美術館」

昭和52年(1977)開館。古美術・茶道具の「名美術館」。「四君子苑」国登録有形文化財(昭和19年(1944))。河原町通からこの看板を目当てに少し東の路地を入ったところにある。

(今出川下ル−東入ル)

(撮影:2013/2/16)
浄土宗大本山「清浄華院」
(しょうじょうけいん)

貞観2年(860)創建
住所は「寺町通」だが、寺町通の門は「裏門」。
河原町通にも「門」があり、本堂がよく見える。

(広小路通上ル)

(撮影:2007/8/13)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「京都府立医科大学附属病院」(通称:府立病院)

明治5年(1872)の療病院を引き継いで大正13年(1924)に改称。
写真の旧図書館は昭和4年(1929)建築。

(広小路通)

(撮影:2013/2/16)
「京都府立文化芸術会館」

昭和45年(1970)開館

芸能などの上演もやるが、展示会もやる。
どうも特徴がない。

(広小路通下ル)

(撮影:2013/2/16)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「いずのめ京都」

世界救世教の一派「いずのめ教団」の京都会館。

建物は街並みから浮いた感じ。

(荒神口通上ル)

(撮影:2013/2/16)
「西川薬局」

こういう雰囲気の薬屋さんは好きですね。

(荒神口通下ル)

(撮影:2007/4/14)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「三共不動産」株式会社

これも古そうな建物で、雰囲気ありますね。

(荒神口通下ル)

(撮影:2013/2/16)
「京都國学院」

明治18年(1885)設立の「京都府皇典講究分所」を母体とする学校法人が運営する2年制の学校(≒短大)。石清水八幡宮の寮に全員入寮。

(上切通し通−西入ル)

(撮影:2015/8/18)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「丸太町東洋亭」。

創業大正6年(1917)。
「キャピタル東洋亭」(創業明治30年(1897)、本店は北山通)とは別系列。2017年現在、改装中(外観変りそう)。

(丸太町上ル)

(撮影:2008/12/28)
西側南北位置東側
割烹「はらだ」

この界隈では珍しい「小さな割烹料理屋」。
鮎料理が美味いとの評がある。

(竹屋町上ル)

(撮影:2017/4/10)
clickすれば大きな画像 丸太町下ル

御池上ル



ページの先頭
clickすれば大きな画像 「平岩」

昭和2年(1927)創業
建屋には「旗 緞帳」の字が目立つ。「旗屋」と言ってよいでしょう。

(竹屋町上ル)

(撮影:2017/4/10)
塗料店「渋新老舗」

文政11年(1828)創業

「柿渋」専門店。

(夷川下ル)

(撮影:2013/2/17)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 浄土宗清水山「法雲寺」


永禄10年(1567)に始まる。

境内に縁切り神社「菊野大明神」がある。古くは藤原兼家の「二条邸」。

(二条上ル)

(撮影:2013/2/17)
「島津製作所旧本社ビル」

昭和2年(1927)建築
(武田五一設計)。

現在はレストラン「Fortune Garden」が入っている。

(二条下ル)

(撮影:2013/2/17)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「日本銀行京都支店」

現在の建物は
昭和40年(1965)建築
京都支店は明治27年(1894)の出張所から始まる。いつも閉まっているかのようで静かです。

(二条下ル)

(撮影:2013/2/17)
「京都市役所」

昭和2年(1927)から逐次竣工。武田五一監修。中央の塔の先端に「毛筆」があしらわたデザインも京都らしい。現庁舎は三代目。

(御池上ル)

(撮影:2013/2/17)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「ホテルオークラ」

明治23年(1890)「常盤ホテル」、昭和2年(1927)「京都ホテル」を経て、平成17年ホテルオークラへ。この高層ビル建築を機に(平成6年(1994))「京都ホテル」は経営不振に。

御池上ル)

(撮影:2013/2/17)
西側南北位置東側
「YJKビル」

河原町御池の南西角ビル(市役所の外郭組織が入居)。
悲田院(条坊外で記録が残る)跡なので掲載した。

(御池下ル)

<平安>悲田院

(撮影:2017/8/6)
clickすれば大きな画像 御池下ル

三条上ル



ページの先頭
clickすれば大きな画像 「京都ロイヤルホテル」

昭和47年(1972)京都で初めての大型シティホテルとして開業。
「&スパ」と言っても温泉がある訳ではない。「英国風パブ」は併設されていますが。

(三条上ル)

(撮影:2017/8/6)
上品雑貨「Angers」(アンジェ)

昭和5年(1930)創業の「ふたば書房」が展開する雑貨の旗艦店。この店では、文房具・キッチン用品・書籍などを品揃えしている。

(三条上ル)

(撮影:2017/8/6)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「カトリック河原町教会」

明治22年(1889)「フランシスコ・ザビエル教会」としてこの地で始まる。そのことから聖堂は「聖フランシスコ・ザビエル大聖堂」と呼ばれる。

(三条上ル)

(撮影:2017/4/24)
西側南北位置東側
「からふね屋珈琲店」三条本店

昭和47年(1972)創業。京都発の珈琲店(本店はここ)で、近畿を中心に店舗展開している。最近は「パフェ店」の感がある。

(三条下ル)

(撮影:2017/4/29)
clickすれば大きな画像 三条下ル

四条上ル



ページの先頭
clickすれば大きな画像 「六曜社」

昭和25年(1950)創業。伝統的な1階店。ドーナツの美味しい「地下店」は夜はバーに。コーヒーの味は京都一と思う。

(三条下ル)

(撮影:2017/4/29)
「スーパードライ京都」

アサヒフードクリエイト(株)が全国展開しているアサヒの「ビアホール」。摘みも豊富なのでよく利用している。

(三条下ル)

(撮影:2017/4/29)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 甘党茶屋「梅園」

京都で「粟ぜんざい」を食べるならここが一番
梅園の説明は「蛸薬師通」で。

(三条下ル)

(撮影:2017/4/29)
「大学堂書店」

明治40年(1907)創業の学術書専門店。日本文学書と歴史書が充実している。

(三条下ル)

(撮影:2017/4/29)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「京都BAL」

Shoppingテナントビル。
丸善(明治40年(1907)創業)が亡くなって京都の文明度の低さを露呈したが改修後、BAL地階に丸善が復活し京都人は喜んでいる。

(三条下ル)

(撮影:2017/4/29)
「赤尾照文堂」

昭和2年(1927)創業
明治から昭和初期に刊行された彩色木版画や古書籍を専門に取り扱っている店。

(六角下ル)

(撮影:2017/4/29)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「三條サクラヤ写真機店」

昭和21年(1946)創業
「中古銀塩カメラ」も含めてカメラのことなら全幅の信頼が置ける店です。

(蛸薬師下ル)

(撮影:2017/4/29)
「坂本龍馬遭難之碑」

坂本龍馬と中岡慎太郎が暗殺された(慶応3年(1867))「近江屋」の跡に碑が建っている。

(蛸薬師下ル)

(撮影:2017/4/29)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 傘提灯「辻倉」

元禄3年(1690)創業の老舗。
現在は「辻倉ビル」の7階に引っ込んだので、入りにくい。エレベータで行くしかない。

(四条上ル)

(撮影:2017/4/29)
「ひさご寿し」

昭和25年(1950)創業で現在は三代目。
持ち帰りが多い。狭いですが店内で食べることもできる。

(四条上ル)

(撮影:2017/4/29)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 京佃煮・菓子「永楽屋」本店

どの店も繁盛している。永楽屋の説明は「室町店」に。

(四条上ル)

(撮影:2017/4/29)