京都の街角写真

車屋町通           (INDEX:索引へ)


「車屋町通」の最南部(姉小路通あたり)が「町名としての車屋町」であるが、今や車関係の施設は無く、通りとしての特徴は無い。
本家尾張屋雨森敬太郎薬房がある通り」と言えば、誰でもわかる。
市バスは走っていない。

【森谷】記載なし。
『Wikipedia』には「北は丸太町通から南は姉小路通まで、烏丸通の一筋東の通り」との記載がある。

西側南北位置東側
「京都御苑」

clickすれば大きな画像 突き当りは御苑の塀。

向こう側の道路には、東行きの「烏丸丸太町」バス停がある。

(撮影:2017/4/12)
食事処「おおたや」夷川店

昭和40年(1965)創業。洋食から、懐石料理、鍋料理などの和食もある気軽なお店。

(夷川下ル)

<平安>藤原道長「小二条殿」

(撮影:2017/4/12)
clickすれば大きな画像 丸太町下ル

姉小路上ル



ページの先頭
clickすれば大きな画像 「西島家」住宅

登録有形文化財かつ歴史的意匠建造物であり、現在「山茶花社(家元が西島氏)の山茶花美術館」になっている。

(竹屋町下ル)

<平安>少将井殿

(撮影:2017/4/12)
寿し「いづ源北店」

自ら「町のお寿司屋さん」と謳っている。高倉通綾小路下ルの「いづ源」の「北店」のように見えるが、関係は不明。

(二条下ル)

<平安>藤原実資

(撮影:2017/4/12)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「伊可田屋」

江戸時代から続く手描き友禅の店。今でも最高級の友禅着物を作っている。当主の田畑さんが時折講座を開いている

(夷川上ル)

<平安>少将井殿

(撮影:2017/4/12)
御用蕎麦司「本家尾張屋」

寛正6年(1465)菓子屋で創業。蕎麦は江戸時代から。
「京都で最も落ち着ける蕎麦屋」です。

(二条下ル)

<平安>藤原実資

(撮影:2017/4/12)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「雨森敬太郎薬房」

正保5年(1648)創業の老舗。誰もが目を見張る40年以上前に撮った写真がそのまま使える程変わっていない。

(二条下ル)

<平安>藤原実資

(撮影:1974/4/6
きもの「善之助」

昭和22年(1947)創業の(株)「出蔵」。
「善之助」ブランドで染呉服を製造販売している。

(御池上ル)

<平安>三条院

(撮影:2017/4/12)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 DoughnutCafe「nicotto&mam」

「卵を使わない自然酵母」のドーナッツを作っている「ニコット&マム」。
店舗改装中か。

(押小路上ル)

<平安>藤原実資

(撮影:2017/4/12)
御池通から姉小路通へ下ル


この間は短く
かつ特徴のある施設は無い。
clickすれば大きな画像 突き当り正面は「旧・新風館」。
2017年現在、閉鎖され、現在なにか工事中。

左手に老舗菓子舗「亀末廣」の壁が見える。

(撮影:2017/4/12)