(東京から引っ越してきた人の作った京都小事典)


長講堂           (INDEX:索引へ)


五条の南を歩いていたら「長講堂」と刻された石標を見つけた。どこかで聞いた名前のような気がした。
後で調べてみたら、歴史の授業で聞いた「院政時の長講堂領」に関係があるらしい。

京都の町にはこうした『歴史の跡』が残っている。これらを見つけ・考える散策は楽しい。

ということでこのページでは“不勉強で”間違いも多いでしょうが、『経済的観点からの院政』について私説を述べる。


clickすれば大きな画像

京都市の資料によれば

  長講堂は後白河上皇(1127〜92)の持仏堂で、もともとは西洞院六条の六条院(六条御所)に所在していた。
長講堂には膨大な荘園が附属しており、上皇の没後も王家(持明院統)の経済基盤として重視されたが、
火災などによりたびたび移転し、天正年間(1573〜92)に豊臣秀吉(1536〜98)が寺町を整備した際に現在地に移転した。
この石標は、元は六条院に所在していた長講堂を示している。

とある。