86.西行法師

上の句順 下の句順 (INDEX)


なけけとて  つきやはものを  おもはする  かこちかほなる  わかなみたかな
歎けとて 月やは物を おもはする かこちがほなる わがなみだかな
歎けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる 我が涙かな

■友札   歎つゝ

■歌について
西行の歌には他にも秀作が多い。にも拘わらず定家は、月の情けと恋の絡みのこの歌を採った。秀作は
「心なき 身にもあはれは しられけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮れ」
「願はくは 花の下にて 我れ死なん その如月の 望月の頃」
■出典
千載集恋五
■作者略歴
1118ー1190。俗名佐藤義清。藤原秀郷九代の孫。後鳥羽院北面武士に仕えるが、23歳で出家。「桑門に家なし」と唱え、各地を行脚。