53.右大将道綱母

上の句順 下の句順 (INDEX)


なけきつつ  ひとりぬるよの  あくるまは  いかにひさしき  ものとかはしる
歎つゝ ひとりぬるよの 明るまは いかに久しき ものとかはしる
歎つゝ 一人寝る夜の 明るまは いかに久しき ものとかは知る

■友札   歎けとて

■歌について
3日程来ない日が続き、嘆きを知ってもらうためにわざと門を開けないで来訪を拒んだ。翌朝、その真意を歌に託して遣った歌。
■出典
拾遺集恋四
■作者略歴
937-995。陸奥守藤原倫寧の娘で、藤原兼家との若い頃からの恋を実らせ、その妻となった。日本三美人の一人。20年にわたる摂政兼家との行き来の歌・話を綴ったのが、この人の手になる「蜻蛉日記」。