32.春道列樹

はるみちの つらき 上の句順 下の句順 (INDEX)


やまかはに  かせのかけたる  しからみは  なかれもあへぬ  もみちなりけり
山川に 風のかけたる しがらみは ながれもあへぬ 紅葉なりけり
山川に 風のかけたる 柵は 流れもあへぬ 紅葉なりけり

■友札   山里は

■歌について
大津から志賀の山越えにて詠んだ歌。 5首しか残していない歌人だが、この歌の古今風が好まれたらしい。「しらがみ」は柵のこと。ここに紅葉の葉が溜まった様を詠んだ。
■出典
古今集秋下
■作者略歴
?-920。親名宿禰の子。文章博士。春道の名は大和の各地にある。865年、物部門起が春道宿禰という名を賜った。