35.紀貫之

上の句順 下の句順 (INDEX)


ひとはいさ  こころもしらす  ふるさとは  はなそむかしの  かににほひける
人はいさ こころもしらず 故郷は はなぞむかしの かに匂ひける
人はいさ 心も知らず 故郷は 花ぞ昔の 香に匂ひける

■類似語句  こころもしらず
■友札 人もおし
■親族歌人 紀友則の従兄弟
■歌について
初瀬の昔馴染みの女とかわした当意即妙の歌。定家はこの歌を高く評価しているが、公任は「桜散る 木の下風は 寒からで 空に知られぬ 雪ぞ散りける」の方を代表作と見ている。
■出典
古今集春上
■作者略歴
868-945。中納言紀長谷雄の孫、望行の子。土佐守を務める。古今集の撰者に撰ばれ、その序を仮名で書いた。これが仮名書きの初めで、仮名文の手本と言われる。新撰和歌集も撰す。三十六歌仙の一人で、柿本人麻呂の左第一に対して、右の第一を占める。