66.大僧正行尊

上の句順 下の句順 (INDEX)


もろともに  あはれとおもへ  やまさくら  はなよりほかに  しるひともなし
諸共に 哀と思へ 山桜 花より外に 知人もなし
諸共に 哀と思へ 山桜 花より外に 知る人もなし

■類似語句  あはれ
あはれと・おもふ
■親族歌人 三条院の曾孫

■歌について
大峰山へ順の峰入りしたときに詠んだ歌。桜にも僧としてのあわれを感じている。
■出典
金葉集雑上
■作者略歴
1055-1135。参議源基平の子。10歳で父を亡くし、12歳で出家した。三井寺の僧正、延暦寺の座主を経て、大僧正になった。白河・鳥羽院の信頼を得た護持僧でもある。「十訓抄」の著者。