55.大納言公任

きんたふ 藤原公任 上の句順 下の句順 (INDEX)


たきのいとは  たえてひさしく  なりぬれと  なこそなかれて  なをきこえけれ
滝の糸は 絶て久しく なりぬれど 名こそながれて なをきこえけれ
滝の糸は 絶て久しく なりぬれど 名こそ流れて なを聞こえけれ

■親族歌人  藤原定頼の父

■歌について
大覚寺の古滝を見て詠った歌。「名こその滝」と呼ばれる。拾遺集には「滝の糸」、千載集には「滝の音」とある。
■出典
拾遺集雑上一
■作者略歴
966-1041。太政大臣藤原実頼の孫、太政大臣頼忠の子。和漢、和歌、書、管弦、いずれにも才能を発揮、万能。色を好まず、常に閑寂を楽しんだ、といわれる。和漢朗詠集を撰した。
【補】
藤原公任の詠んだ「名こその滝」は、今もその址を残している。
藤原公任は一時白河院(和泉式部も訪れたことがある)に住んでいた(白河上皇が使う以前)らしい。
藤原公任はその和泉式部の歌を評価している。
清少納言は藤原公任の歌(草の庵)を引用している。