81.後徳大寺左大臣

藤原実定 上の句順 下の句順 (INDEX)


ほとときす  なきつるかたを  なかむれは  たたありあけの  つきそのこれる
郭公 なきつるかたを ながむれは たゞありあけの 月ぞのこれる
郭公 鳴きつる方を 眺むれは たゞ有明の 月ぞ残れる

■類似語句  ながむれは
有明の月
有明の月
■親族歌人 藤原定家の従兄弟

■歌について
藤原実定の代表作。淡々とした詠いぶり。昔から郭公の歌は多く、新古今集にも 40首ほど見られる。
■出典
千載集夏
■作者略歴
1139-1191。父は藤原公能(右大臣)、祖父は徳大寺左大臣実能。それ故、後徳大寺左大臣と呼ばれる。平宗盛など平氏に圧倒された時代に生きた政治家でもある。