94.参議雅経

藤原雅経 上の句順 下の句順 (INDEX)


みよしのの  やまのあきかせ  さよふけて  ふるさとさむく  ころもうつなり
みよしのゝ 山の秋風 さよふけて 故郷さむく ころもうつなり
み吉野の 山の秋風 さよふけて 故郷寒く 衣打つなり

■類似語句  なし

■歌について
「み吉野の 山の白雪 つもるらし 古里寒く なりまさるなり」(古今集)を本歌とする。あまりにも本歌の言葉をとりすぎている。
■出典
新古今集秋下
■作者略歴
1170-1221。藤原頼経(刑部卿)の二男。藤原俊成に師事し、後鳥羽院に召され、新古今集の選者の一人となった。蹴鞠の誉れも高く、飛鳥井家の祖となった(兄宗長は難波家を興した)。