(東京から引っ越してきた人の作った京都小事典)

空海と京都           (INDEX:索引へ)


宗教界(もしくは日本)のスーパースター(大天才)でしょう。なにしろ

(1)密教の第八世法王、 (2)字は上手い(三筆)、 (3)唐語も話せる(梵語もか) (4)土木工事、 (5)ひらがな手習い歌作成 など。

空海は中国を始め全国に足跡を残して(伝説も多いですが)いますが、平安時代の人なので京都にも足跡はあります。

そこで空海の年表に合わせて「空海の京都での足跡」について整理した。
(注)空海の足跡については「空海の風景(司馬遼太郎、中公文庫)」に準拠している。


時代時代の期間と空海の年齢主な足跡関連する写真写真の説明
善通寺時代宝亀5年(774)〜
(1歳〜)
宝亀5年(774)善通寺の境内近くで生誕(6/15、讃岐の佐伯氏)
延暦5年(786)国学に入学(讃岐国府)
周囲が「大学に行かせよう」と思うくらいとびきり優秀であった(に違いない)
大学寮時代延暦7年(788)〜

(15歳〜)
延暦7年(788)国学を途中でやめて遷都令後の平城京に上京し
長岡新京にいる叔父(母方)阿刀大足の居宅に寄寓して大学受験勉強
延暦10年(791)大学「明経科」(法律・行政)に合格・入学(18歳)
密教に関心を持ち(大学とは関係なくある僧から)虚空蔵求聞持法を授った
わずか1年で(退学手続きせずに)出奔
平城京では五条六坊の「佐伯院」(隣が大安寺)に住んだか
明経科では岡田牛養・味酒浄成に習い、規定外の音と書も学んだ
大学寮はまだ奈良にあり、入学後は奈良に戻ったか
山岳修行時代延暦11年(792)〜
(19歳〜)
(虚空蔵求聞持法を行ずる(実践して身に付ける)ために)
吉野大峰山、四国の石鎚山・室戸崎、阿波大瀧嶽などで修行
修行に入った時期を延暦13年(794)とする説もある
大安寺時代延暦12年(793)〜
(20歳〜30歳)
延暦12年(793)槇尾山寺で勤操(大安寺)の手で剃髪(20歳)
延暦16年(797)三教指帰を執筆(24歳)
この間万巻の経典を読み、特筆は久米寺所有の大日経を読破
山岳修行(延暦12年(793))から得度(延暦22年(803))の期間は足跡不明
(想像するしかないが)大安寺を中心に活動したか
青龍寺時代延暦22年(803)〜

(30歳〜)
遣唐使を知り急遽延暦22年(803)4月得度

延暦23年(804)7/31出航、難破してビン江(8)/福州(10)/洛陽/長安(12)着
とりあえず西明寺に入り(2)、5月恵果(青龍寺)を訪問
6月に胎蔵界灌頂を受け、7月金剛界灌頂、そして8月伝法灌頂を受ける

延暦25年(806)3月臨時便(順宗慶賀)で長安発、明州(8)/帰国(筑紫)(10)
この後、丸1年筑紫に残留
clickすれば大きな画像西安で唐代を偲べるのは
写真の「大雁塔」くらい

空海も間違いなく立ち寄った
槇尾山寺時代大同2年(807)〜
(34歳〜)
大同2年(807)秋漸く「上洛令」が出て「槇尾山寺」に入ったこの間(2年弱)に真言密教の理論体系化(両部不二)をした(と考えられる)
高雄山寺時代大同4年(809)〜

(36歳〜)
嵯峨天皇(4月即位)の命により大同4年(809)7月「高雄山寺」に入った
弘仁元年(810)南都六宗の要望で東大寺別当に(着任しない)
弘仁2年(811)6月「飛白書」を嵯峨天皇に献上
clickすれば大きな画像最澄のいる延暦寺(洛北、官寺)
とは対照的に「洛西、私寺」

乙訓寺時代弘仁2年(811)〜

(38歳〜)
弘仁2年(811)11月高雄を降りて「乙訓寺」(別当)に移る
弘仁3年(812)10月最澄、空海を訪問(初めての面会)
弘仁3年(812)10月(1年で)「高雄山寺」に戻る
clickすれば大きな画像この頃嵯峨天皇との蜜月が続く
乙訓寺に呼ばれたのも嵯峨天皇が会いやすくするため

でも仕事には高雄山寺がよい
高雄山寺時代弘仁3年(812)〜

(39歳〜52歳)
弘仁4年(813)1月「興福寺南円堂」(密教式)建立
弘仁7年(816)7月「高野山開山」の許可を得る
弘仁14年(823)2月東寺に「真言密教の根本道場」設立を命じられる
clickすれば大きな画像この間が密教布教時代(大師堂

高野山・東寺など将来の準備期間でもあった
東寺時代天長2年(825)〜

(52歳〜)
天長2年(825)4月東寺講堂建立に着手
完成後「教王護国寺」と命名し、空海を初代とする真言密教の東寺が発足
天長4年(827)5月大僧都
天長5年(828)「綜芸種智院」創立
天長7年(830)「十住心論」を著す
clickすれば大きな画像必ずしも東寺に居住したわけではない

東寺の仕事が多かったということ
高野山時代天長9年(832)〜
(59歳〜)
天長9年(832)8月高野山で最初の法会・万灯万華会
承和元年(834)高野山に隠棲
承和2年(835)1/23真言宗成立(年分度者勅許)、3/21入定
高野山私寺故、すべて寄進を仰いだ
空海生存中も完成には程遠かった