52.藤原道信朝臣

上の句順 下の句順 (INDEX)


あけぬれは  くるるものとは  しりなから  なをうらめしき  あさほらけかな
明ぬれば くるゝものとは しりながら なをうらめしき あさぼらけかな
明ぬれば 暮るゝものとは 知りながら なを恨めしき 朝ぼらけかな

■親族歌人  藤原伊尹の外孫

■歌について
女の許より雪の降る日、帰ってから遣った歌の一つ。後朝の歌。
■出典
後拾遺集恋上
■作者略歴
972-994。恒徳公藤原為光の三男。母が謙徳公の娘。後に摂政藤原兼家の養子となるが、この経緯とか、花山院の女御に懸想される話が「栄花物語」に出てくる。残念ながら 23歳で没する。