39.参議等

源等 上の句順 下の句順 (INDEX)


あさちふの  をののしのはら  しのふれと  あまりてなとか  ひとのこひしき
浅芽生の をのゝしのはら 忍れど あまりてなどか 人のこひしき
浅芽生の 小野の篠原 忍れど あまりてなどか 人の恋ひしき

■類似語句  しのぶ・恋しき
しのぶれど・恋
■友札 朝ぼらけう
朝朗あ
■歌について
序詞を巧みに使って、おさえきれない恋の切なさを告白した歌。ここの小野は地名ではなく、小はつけ字で、ただの野のこと。
■出典
後撰集恋一
■作者略歴
880-951。嵯峨天皇の曾孫。大納言弘の孫、中納言希の二男。歌人としての経歴は知られていない。勅撰集に 4首を残すのみ。