98.従二位家隆

藤原家隆 上の句順 下の句順 (INDEX)


かせそよく  ならのをかはの  ゆふくれは  みそきそなつの  しるしなりける
風そよぐ ならの小川の 夕暮は 御祓ぞ夏の しるしなりける
風そよぐ ならの小川の 夕暮は 御祓ぞ夏の しるしなりける

■友札 風をいたみ
■親族歌人  寂蓮の婿
■歌について
後堀河天皇の中宮(藤原道家の娘)入内の折の「屏風」(六月祓)の歌として採られた。
■出典
新勅撰集夏
■作者略歴
1158ー1237。藤原光孝(中納言)の四男。寂蓮(藤原定長)の婿(養子)となり、俊成に歌を学び、定家と並称される。後鳥羽院の昵懇を受け、隠岐配流後も歌を捧げ続けた。大阪天王寺夕陽ヶ丘に草庵を結び、入仏した。