(東京から引っ越してきた人の作った京都小事典)


堀川に架かる橋           (INDEX:索引へ)


堀川の水源は明確ではないが平安京の頃は「幅広い川」で美しい流れに鮎を捕って食べたという記録もある。
川沿いには堀河院などの「大邸宅」もあった。江戸時代には友禅染めにも使われ「染色業者の街」が形成された。

ところが昭和になって水源を失い、川はどんどん細くなり、堀川通の整備に伴いほとんどが暗渠になってしまった。
clickすれば大きな画像 一条清明神社あたりで「堀川」の降りると細い小川が辛うじて開渠になっている。

今は整備されて小川に沿って歩くとこもできるようになっている。

「堀川に架かる橋」の案内図も立っている。
漸く最近、清流化を求めて「今出川通〜押小路通」だけが開渠された。

というわけで“大きな情報にはならない”でしょうが、開渠された「堀川に架かる橋」を列挙してみた。


clickすれば大きな画像 「元誓願寺橋」

開渠となった川の最北端に架かる橋。

渡橋すれば堀川通も横断できる。
clickすれば大きな画像 「一条戻橋」

堀川に架かる橋の中で最も有名な橋である。

逸話が残るほどかつてはよく使われた橋なのだろうが、逸話のせいか渡る人も少なく、現在は“実用的”な橋にはなっていない。
clickすれば大きな画像 「堀川第一橋」(中立売通)

堀川に架かる橋の中でも「大きな橋」の一つである。

当然、渡橋して横断もできる。

市指定有形文化財であり、「東西の通り名」橋でなく「堀川の橋名」になっている。(先頭へ
clickすれば大きな画像 「上長者町橋」

「堀川商店街」が目の前にある。

渡橋しても堀川通は横断できない。
clickすれば大きな画像 「下長者町橋」

渡橋/横断できる貴重な橋。こういう橋は覚えておかないと生活できない。

渡橋して横断すれば「堀川商店街」に出られる。
clickすれば大きな画像 「出水橋」

橋を渡れば「堀川商店街」に出れるが

渡橋しても堀川通は横断できない。(先頭へ
clickすれば大きな画像 「堀川第二橋」(下立売通)

堀川に架かる橋の中でも「大きな橋」の一つである。

当然、渡橋して横断もできる。

「堀川第一橋」の1年後に建造されたもので、「東西の通り名」橋でなく「堀川の橋名」になっている。(先頭へ
clickすれば大きな画像 「椹木町橋」

情緒的な雰囲気がある。

渡橋しても堀川通は横断できない。

遊歩道から見上げると、こんな感じに見える。
clickすれば大きな画像 「堀川丸太町橋」

丸太町通は幅広い。丸太町通を通っていても、橋があることに気が着き難い。

「渡橋」=丸太町通横断、という感じ。

よく見れば、橋の下に堀川が流れている。
clickすれば大きな画像 「竹屋町橋」

「ひまわり幼稚園」が目の前にある。

渡橋しても堀川通は横断できない。
clickすれば大きな画像 「夷川橋」

「二条城」が目の前にある。

渡橋しても堀川通は横断できない。
clickすれば大きな画像 「二條橋」

「二条城」が目の前にある。

橋は貫禄が付き始めている。

渡橋しても堀川通は横断できない。
clickすれば大きな画像 「押小路橋」

「二条城」が目の前にある。

渡橋しても堀川通は横断できない。(先頭へ

斯くの如く開渠の部分ではすべての「東西の通り」に橋が架かっているので、堀川を渡るのに場所を気にする必要はないが、
渡橋しても堀川通をすぐに横断できるとは限らないので、どの橋が渡橋して横断できる橋なのか覚えておく方が生活しやすい。

clickすれば大きな画像 「竹屋町通」あたりの「堀川」

完全に“人工的に整備”された遊歩道になっている。自然の川の雰囲気はない。

「元誓願寺通」あたりとは全く異なる。