51.藤原実方朝臣

上の句順 下の句順 (INDEX)


かくとたに  えやはいふきの  さしもくさ  さしもしらしな  もゆるおもひを
かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしもしらじな もゆる思ひを
かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを

■類似語句  なし

■歌について
下野の伊吹山がもぐさに使うさしも草の名所であることを利して、「言うことができない」さしも草と、「少しも知ってくれない」と掛けた恋歌。
■出典
後拾遺集恋一
■作者略歴
?-998。左大臣藤原師尹の孫、左中将定時の子。藤原行成に悪く言われたことに憤り、御所で言い争いになった。そのとき行成の冠を投げ捨て、その罪で陸奥守に左遷された。奥州笠島にその塚を残す。一説に清少納言の恋人ともいわれる。