京都の街角写真

妙心寺道           (INDEX:索引へ)


「御前通」から「妙心寺」南辺に向かって一直線に伸びる道である。
西端に関して、【森谷】では「妙心寺」南辺をなぞるように北上しているが
(ここでは原則どおり【森谷】に従う)
いくつかの地図では、「妙心寺南門」から南下して「丸太町通」に合流する地点までとしているものもある(「上ノ下立売通」と呼んでいる)。

「西大路通〜妙心寺南門を経て丸太町通交点」間は「府道129号花園停車場大将軍線」となっているが、市バスは走っていない。
【森谷】「御前通」から「府道130号花園停車場御室線」に至る。全長約1.9km。

  直接飛ぶのなら 西大路    馬代
北側東西位置南側
「京都府電機商業組合」

「電気器具小売業(地域電気店)」の業界を代表する組合。「親切な町のでんきや」を目指している。

(天神西入ル)

(撮影:2021/7/13)
clickすれば大きな画像 御前西入ル

西大路東入ル
clickすれば大きな画像 西陣撚糸「廣川昌良」

撚糸の中の(数少ない)「張り撚り」をやっている「伝統工芸士」。

(御前西入ル)

<平安>右兵衛町

(撮影:2021/7/13)
「松川屋」

普通の「街の和菓子屋」だが、元気に営業している。

(西大路東入ル)

(撮影:2021/7/13)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 愚庵「見性院」

妙心寺の境外塔頭のようで、慶長3年(1598)織田信忠の次男「津田秀則」が創建したものらしいが、その後「桂春院」に移設され、見性院は衰退。

(天神川の一筋東を下ル)

(撮影:2021/7/13)
北側東西位置南側
「カフェ ド モンカ」

愛犬同伴可のカフェ。店にも看板犬ゴールデンレトリバーが待っている。
奥は(人間の)カットサロン。

(西大路西入ル)

<平安>叙弘知行

(撮影:2020/10/28)
clickすれば大きな画像 西大路西入ル

馬代東入ル



(この間は「天神御旅商店街」になっている)



ページの先頭
clickすれば大きな画像 謹製カリィ酒舗「アムリタ」

令和元年(2019)酒場を居抜きでオープンさせたインドカレー屋
名前の通り、酒も飲める。

(西大路西入ル)

<平安>叙弘知行

(撮影:2020/10/28)
「北野天満宮御旅所」

毎年10月1〜4日には「ずいき祭」が行われるこの通りの中心地

(佐井東入ル)

<平安>叙弘知行

(撮影:2020/10/28)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 お粥専門店「粥の輪」

令和2年(2020)オープン。辞世柄、当面はテイクアウト・デリバリーのみ(らしい)。

(佐井東入ル)

<平安>叙弘知行

(撮影:2020/10/28)
「釣生洲」(つりいけす)

「京料理」の老舗(結構長い)。宴会も仕出しもOK。

(佐井西入ル)

(撮影:2020/10/28)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「杉村治療院」

「はり・灸・指圧」の医院。わざわざ「手技治療」と掲示がある。

(佐井西東入ル)

(撮影:2020/10/28)
「竹豊竹材店」

竹箒の専門店、「芸術品」との評価が高い。

(馬代東入ル)

(撮影:2020/10/28)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「栄湯」

「天神御旅商店街」の皆さんの銭湯。

(馬代東入ル)

(撮影:2020/10/28)
北側東西位置南側
「牛若丸首途の井」

「金売吉次の屋敷跡≒首途の地」に井戸があった、リンクの京都市Siteは「この地は伝承」と言う。
屋敷跡は智恵光院通の首途八幡宮辺りという説の方が有力。

(木辻東入ル)

(撮影:2020/10/28)
clickすれば大きな画像 馬代西入ル

府道花園停車場御室線



ページの先頭
clickすれば大きな画像 「田中一染料薬品」

昭和45年(1970)創業の染色資材卸販売(染料/顔料/糊剤/バインダーなど)の専門店。

(馬代西入ル)

(撮影:2020/10/28)
「花園中学高等学校」

「妙心寺」内の「般若林」に始まり(明治5年(1872))、大正8年(1919)には「私立花園中学校」を名乗った。現在は中高一貫教育も行っている。

(木辻西入ル)

(撮影:2020/10/28)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「願王寺」

義経かどで地蔵尊があるが、リンクのOfficialSiteでは「木辻→吉次からの附会したもの」と言い切っている。

(木辻西入ル−下ル)

(撮影:2020/10/28)
「花園会館」

妙心寺に隣接するお寺のホテル。勿論、「妙心寺」の経営だが、誰でも利用できる。

(宇多川東入ル)

(撮影:2020/10/28)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「阿じろ」

昭和37年(1962)創業の妙心寺御用達の精進料理屋。本店(食事、写真)と本山店(仕出し)が並んでいる。

(木辻西入ル)

(撮影:2020/10/28)
「妙心寺」

臨済宗妙心寺派の大本山、禅宗の中で寺院数最大、境内の大きさも第一級。
写真は「南門から丸太町通へ南下する道」(その先に合流点がある)。

(妙心寺南門道正面)

(撮影:2016/4/27)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「慧照院」

「妙心寺」外塔頭の一つ、元和9年(1623)創建の福井城主松平忠昌の正室「花姫」の菩提所に始まる。樹齢125年の五色散椿で有名。

(宇多川東入ル)

(撮影:2020/10/28)
「西光庵」

「妙心寺」外塔頭の一つ、若干西の方に離れている。門前に「向阿上人終焉地」の石碑が建っている。

(妙心寺道西端のやや東)

(撮影:2020/10/28)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「今宮神社」

有名な「今宮神社」とは無関係。長和4年(1015)創建。この地域の疫病鎮護の「産土神」で「花園社」と呼ばれる。入口は妙心寺道から少し下がった西京極大路の内側(平安京の西端)にある。

(妙心寺南門下ル−西入ル)

(撮影:2020/10/28)
「双ヶ丘中学校」

名勝雙ヶ岡の東麓にある。昭和24年(1949)創立。生徒は「丸太町通」のバス停「花園扇野町」(法金剛院の前)から歩いて通うらしい。
clickすれば大きな画像 「府道130号花園停車場御室線」交点

(撮影:2020/10/28)