54.儀同三司母

高階貴子 上の句順 下の句順 (INDEX)


わすれしの  ゆくすえまては  かたけれは  けふをかきりの  いのちともかな
わすれじの 行末迄は かたければ けふをかぎりの 命ともがな
忘れじの 行末迄は かたければ 今日を限りの 命ともがな

■友札 忘らるゝ
■親族歌人  藤原道雅の祖母

■歌について
若き頃の道隆と恋しあっているときの歌。男の心の変わる憂き目を見るよりは、変わらぬ先に死んだ方がましだ、と詠っている。
■出典
新古今集恋三
■作者略歴
?-996。高階成忠の娘。関白藤原道隆の妻となり、伊周、定子(中宮)を産んだ。儀同三司とは伊周のこと。伊周が官を復されて准大臣になったとき、唐の官名儀同三司と号したのに始まる。