(東京から引っ越してきた人の作った京都小事典)

尾形光琳           (INDEX:索引へ)


江戸中期の天才絵師尾形光琳は、名前からわかるように「琳派の中心的画家」である。

「京都のボンボン」の割には「文書を多く残した」ので、経歴はよくわかる。確認の意味も含めて、居住地を中心に「光琳の生涯」を整理しました。

clickすれば大きな画像
(念のため)この作品の著作権保護期間は終了しています。「忠実に再現するために撮影された写真」には通常著作権が発生しない(のですが博物館では一般人は撮影できない、そこでこの写真はPublicDomainから)。


期間番号期間(開始年〜)主な活動主な作品関連する写真補足
万治元年(1658)

(14歳になるまで)
山里町の高級呉服商「雁金屋」宗謙の次男として生まれる(幼名:市之丞、本名:惟富)。

1663三男乾山(幼名:権平、本名:惟允)生まれる。

一樹院(宗謙の継母)が“やり手”で、商売も子供の教育も熱心だった。光琳があるのは「この人のお陰」かもしれない(でも1671(光琳14歳)没)。
clickすれば大きな画像山里町の店は現在の「智恵光院通中立売下ル(智恵光院近く)西側」に当たる(写真)。

(注)「中立売通小川」という説もある。
寛文12年(1672)〜

(15歳〜25歳)
芸術的才能は生まれつきで、1673(16歳)から「山本素軒(船岡山麓)」について狩野派画を学ぶが、当初から師を凌いでいたらしい。

父宗謙の影響で「能」も学び、1676(19歳)で渋谷七郎右衛門から「諸能仕様覚語之習」を伝授された。

1676母没、同年妹二人も没。
「桜花山水図」画稿(20歳代の作、狩野派風三幅、重文、京都国立博物館)clickすれば大きな画像能を見るために「11世左近重清」の住む観世屋敷大宮通今出川上ル(西陣中央小学校)、現在の「観世稲荷社」(写真)あたりによく足を運んだらしい。山里町からはほんの数百m先。
天和3年(1683)〜

(26歳〜34歳)
大顧客「東福門院」没(1678)以降、家業は衰退の一途。1683(26歳)兄藤三郎の勘当が解け、兄が雁金屋を引き継ぐことに。
これ以降、光琳・乾山は遊興三昧しながら芸術の道を邁進。

1687(30歳)父没、山里町・西京の屋敷を相続。
「歌仙画」画稿(宗達の「歌仙図扇面」を模写、墨画、一枚、重文、京都国立博物館)clickすれば大きな画像1680(23歳)「父が母妻娘のために深草宝塔寺(日蓮宗、写真)に寄進した」という記録がある。

どういう経緯かわからない、宝塔寺にもそれらしき碑は残っていない。
元禄5年(1692)〜

(35歳〜40歳)
1692(35歳)光琳を名乗り、画家として活動を始める。
1693(36歳)から「二条綱平(後に関白)邸」へ頻繁に伺候。能をはじめ芸術的な話し相手になっていた。「献上用の扇絵」や「進物用絵付菓子箱」などを寄贈していた。

1693(36歳)片手間で始めた「大名貸し」も回収不能となり、借金も増えた。
1694(37歳)で多代(30歳)を娶る。
「蹴鞠布袋図」(光琳筆とある、墨画、一幅、40歳前後)
clickすれば大きな画像二条綱平が住んでいた二条邸には碑が残る(写真)。現在の「今出川通寺町西入ル」に当たる。山里町から2km弱
元禄11年(1698)〜

(41歳〜43歳)
1698(41歳)派手な遊興と大名貸しの末、山里町の屋敷を売って「上御霊藪内町」へ引っ越す羽目に。

1699乾山、鳴滝に窯を開く。
1699交際のあった中村内蔵助、銀座の年寄に。

1700二条綱平、光琳の扇を万里小路大納言に贈る。
「夢中富士山図」(1699作、墨図)

「草花図」屏風(伊亮印、六曲一双)
clickすれば大きな画像上御霊藪内町の屋敷跡には碑が残る(写真)。現在の「烏丸通鞍馬口下ルさらに東入ル」に当たる。

中村内蔵助の邸宅は現在の「平安女学院」(烏丸通下立売)あたりで、上御霊藪内町からも近い
元禄14年(1701)〜

(44歳〜46歳)
1701(44歳)光琳の絵を気に入っていた二条綱平の推挙法橋に叙せられる。

法橋の位を得て自信をもって(模倣・習作から)光琳独自の画を描くようになった。画風昂揚期と呼ばれる。
「秋好中宮図」(1701作、法橋光琳の落款、MOA美術館)

「燕子花図」屏風(国宝、六曲一双、法橋光琳の落款、西本願寺→根津美術館)

「八橋蒔絵硯箱」(国宝、東京国立博物館)
clickすれば大きな画像
元禄17年(1704)〜

(47歳〜51歳)
(江戸下りについてはいろいろな説があるが)
1703(46歳)奢侈禁止令の咎(華美な絵を描く)により「京市中住居お構い」になり、1704(47歳)江戸下り、蛎殻町に住んだ。

1706大留守居「酒井雅楽頭忠挙」の庇護を受ける(十人扶持、後に二十人扶持)。
「中村内蔵助像」(1704作、江戸下り直前、大和文華館)

「鳥獣写生図」(習作、墨画彩色)

「四季草花図巻」(1705作、四面額装、津軽家→大和文華館)
琳派
宗達(1569-1642)・尾形光琳(1658-1716)・酒井抱一(1761-1829)に連なる装飾的・意匠的な絵画の流派。

後世(≒現代)になって名付けられた流派。
この3人は直接会っていない(年代が異なる)私淑関係であるところが面白い。
でも宗達・光琳はいろいろな関係があり、光琳・抱一は「酒井家」を通じて関係している。
宝永6年(1709)〜

(52歳〜)
1709(52歳)京に戻る。
江戸在住からこの頃までが画風転換期と考えられる。

1711(54歳)新町通二条下ルに住居を建てる。
1712(55歳)乾山も二条丁子屋町(現在の二条通御幸町)に戻ってくる。

ようやく落ち着いて画風大成期を迎えた。
「風神雷神図」(宗達に対抗、重文)

「松に鶴図」六角皿(1710作、乾山作の皿に絵を描く、重文)

「孔雀図」屏風(重文、二曲一双)

「四季草花図」屏風(六曲一双)
clickすれば大きな画像新町通二条下ルの住居は座敷図(光琳自らが設計、絵所は2階)が残っており、MOA美術館に「復元住居」が作られている(見学可能)。
正徳6年(1716)6月2日

(59歳で
1713(56歳)遺言状を書く。

「妙顯寺興善院」に葬られる。
「八橋図」屏風(再度燕子花、六曲一双、池田家→メトロポリタン美術館)

「紅白梅図」屏風(国宝、二曲一双、MOA美術館)

「維摩図」(最晩年の作、重文、墨画)
clickすれば大きな画像妙顯寺興善院の跡地には現在妙顯寺泉妙院(寺之内通新町西入ル、写真)があり、墓は(乾山も一緒に)泉妙院の中にある(命日の6/2のみ表門が開く)。