京都の街角写真

西大路より西の通り           (INDEX:索引へ)


右京は早く廃れたため、平安京の「大路・小路」の名残が残っておらず、近年の開発でさらに「大路・小路」がわからなくなってきている。

最西端の「西京極大路」はわからず、しっかりとわかるのは「西大宮大路(現、御前通)」くらいである。

そこで私のわかる範囲で「西大路より西の通り」と題して、「西大宮大路(現、御前通)より西の(南北の)通り」をまとめた。

平安京の道路名現在の道路名写真説明
西靱負小路天神通 clickすれば大きな画像 「今出川」(北野天満宮)から「三条通」あたりまで細い道が残っている。

ただし「天神通」の道路標識(正確には国土交通省が管轄する「道路標識」の中の「案内標識」で「道路の通称名」を表示したもの)
は見つからない。時折「天神道」、「天神筋通」という「通り名の案内板」が見うけられる。


この通りには「安楽寺天満宮」(写真)、「文子天満宮旧蹟」があり、北端には「北野天満宮」があるために、こう名付けられたのだろう。

この通りと一条通御池通姉小路通三条通、および六角通の交差点付近には街角写真がある。


(注)下記の「葛野中通」=「天神川通」の「天神川通」とは異なる。
西堀川小路西土居通 clickすれば大きな画像 豊臣秀吉が築った「お土居」に沿った道を「西土居通」と言うらしい。

「北野天満宮」から始まり(お土居は「太子道」で終わるが)その後クランクを繰り返しながら「八条通」まで続く。


「西土居通」の東沿いに「史蹟御土居」がある(写真にはその立札と石垣)。四条通の南には「西土居ノ内町」もある。


この通りと姉小路通三条通、および六角通の交差点付近には街角写真がある。
----西大路通 clickすれば大きな画像 平安京の対応する道路は不明。現在では、コア市内最西端の大通り。

現在の道路の状況は西大路通に詳しい。
野寺小路佐井東通 clickすれば大きな画像 「三条通」から数か所断絶があるが「八条通」まで細い道が残っている。


「佐井東通」の道路標識は見つからないが、「附近街角案内板」に「佐井東通」の名が見える。


この通りと姉小路通の交差点付近、および蛸薬師通の交差点付近には街角写真がある。
道祖大路佐井通 clickすれば大きな画像 金閣寺南の「蘆山寺通」から「八条通」まで、かなり長い区間残っている。


平安京と同じ読み(道祖=さい)を踏襲して「佐井」(=さい)となったか。立派な道路標識もある。


四条通との交差点付近に春日神社があるため「春日通」とも呼ばれる。

写真はその四条通との交差点。
宇多小路佐井西通 clickすれば大きな画像 「妙心寺道」から「島津製作所」内を通って「七条通」まで細い道が残っている。ただし「島津製作所」あたりは不明朗。


「佐井西通」の道路標識も見つからない。(同様に)「附近街角案内板」に「佐井西通」の名が見える。


「中ノ橋通」と呼ばることもあるらしい。五条通との交差点には「中ノ橋五条」がある。


この通りと御池通六角通、および蛸薬師通の交差点付近には街角写真がある。
馬代小路馬代通 clickすれば大きな画像 「蘆山寺通」から「一条通」を経て「太子道」あたりまで、比較的しっかりした道が残っている。

平安京と同じ名前が踏襲されている。


丸太町通との交差点には道路標識もあり、交差点名は「馬代通丸太町」。(名前は適切でないが)「馬代一条」の交差点も明確。


この通りと上立売通の交差点付近には街角写真がある。
恵止利小路西小路通 clickすれば大きな画像 「妙心寺道」から「七条通」までしっかりした道が長い区間残っている。


現在の道路の名前の命名理由はよくわからないが、古風な名前になっている。


写真は四条通との交差点。
木辻大路木辻通 clickすれば大きな画像 【森谷】北は妙心寺道から南は太子道に至る。全長約600m。

その先にも「御池通」を越えて「七条」近くまで細い道があるが(【森谷】を信じれば)「木辻通」ではない、のだろう。


平安京と同じ名前が踏襲されている。丸太町通の北には「木辻商店街」が存在感を示している。

妙心寺道附近には「木辻北町」「木辻南町」がある。


(注)紛らわしいが【森谷】金閣寺の東南、馬代通から鞍馬口通間も「木辻通」といわれる。
菖蒲小路---- 現在の対応する道路は不明。
山小路---- 現在の対応する道路は不明。
無差小路葛野大路通 clickすれば大きな画像 「四条通」から「八条通」までは明確。四条には「葛野大路四条」バス停もある。

写真は四条の交差点。現在の道路なのに古風な名前が付けられていて、昔の大路を思い起こさせる。

「四条通」以北は開発で断続があるものの、「太子道」まで繋がっている。

南側は「八条通」の先も斜行しながら(現代らしく九条を越えて洛外)「久世橋通」まで続いている。


この通りと御池通の交差点付近には街角写真がある。
西京極大路---- 平安京の西の果ての大路

現在、対応する道路は無い
あったと思われる位置は、その東の「葛野大路通」と僅か西(洛外)の葛野中通に挟まれたところ()らしい。
----葛野中通 clickすれば大きな画像 「御池通」から「五条通」まで「天神川」に沿っている道路で、通称名は「葛野中通」。


が、交差点の信号機標識(正確には「道路標識」の中の「案内標識」の中の「地点案内」で信号機に取り付けられているもの)は
「天神川△△」(御池、三条、四条、高辻、五条)になっている。

どうやら国土交通省の道路名は天神川通(国道162号線の一部)であるらしい(参考:東山通と東大路通)。


道路沿いに「葛野中通」の名は見つけられない。写真は「天神川四条」。
----葛野西通 clickすれば大きな画像 平安京のときはもはや「洛外」で「通り」はあるべくもない


現在は「葛野」の名を冠した大きな道路になっている。


「四条通」から始まり、東に湾曲しつつ、七条で「天神川」にぶつかり、終わりとなる。