(東京から引っ越してきた人の作った京都小事典)


鴨川に架かる橋(四条大橋まで)           (INDEX:索引へ)


鴨川は川幅の広い京都の街角を象徴する川である。

ところが京都で生活する人にとっては若干厄介なところもあります。
「鴨川に架かる橋」を覚えておかないと、思いがけず遠回りを余儀なくされる。
clickすれば大きな画像 「丸太町橋」のたもとに立っている「鴨川に架かる橋」の案内図。

この表記は「私の定義する鴨川」とは異なり、私の定義によれば「賀茂川・鴨川に架かる橋(御池大橋まで)」の案内図となる。
というわけで“大きな情報にはならない”でしょうが、「鴨川に架かる橋」(四条大橋まで)を列挙してみた。



clickすれば大きな画像 「賀茂大橋」(今出川通)

石製「高欄」は“灯籠”風で、夜には火が灯り、鴨川に架かる橋の中で最も美しい

五山の送り火のときは、橋の東に大きな「大の字」が見える。
clickすれば大きな画像 「飛び石」

「亀石」など遊び心が配置されている。そのせいか、観光客・恋人たちも多く、私どもには渡り難い。

鴨川には「飛び石」が2ヶ所ある。賀茂川にもある。(先頭へ
clickすれば大きな画像 「荒神橋」(近衛通)

「親柱」の「刻銘」には目が惹かれる

「一条通」「中立売通」「長者町通」相当の位置には橋が無いので、「賀茂大橋(今出川通)」か「荒神橋(出水通/近衛通)」へ廻る必要がある。
clickすれば大きな画像 「丸太町橋」

今出川−丸太町間には橋が少ない。この2つの橋は覚えておかないと生活できない。

「下立売通」「椹木町通」相当の位置には橋が無いので、「荒神橋(出水通/近衛通)」か「丸太町橋」へ廻る必要がある。(先頭へ
clickすれば大きな画像 「飛び石」

「竹屋町通」「夷川通」相当の位置には橋が無いので、「丸太町橋」か「二条大橋」へ廻る必要がある。

(冗談)回り道する時間が無い時は、写真のように、この「飛び石」を渡る、という手もある。(先頭へ
clickすれば大きな画像 「二条大橋」

「二条大橋」は人も車も少なく渡橋しやすい

橋の西側にはリッツカールトンホテル(写真)などの名店が並ぶ。
clickすれば大きな画像 「御池大橋」

「御池大橋」は車線数が多く自動車のためのような橋。渡る人は排気ガスに気をつけたい。

「押小路通」相当の位置には橋が無いので、「二条」か「御池」へ廻る必要がある。
clickすれば大きな画像 「三条大橋」

「擬宝珠」は時代を感じさせる。「三条大橋」は観光客が多く、人にぶつかりやすい。

「姉小路通」相当の位置には橋が無いので、「御池」か「三条」へ廻る必要がある。
clickすれば大きな画像 「四条大橋」

「四条大橋」はいつも人出が多く、渡り難い。

「六角通」「蛸薬師通」「錦小路通」相当の位置には橋が無いので、「三条」か「四条」へ廻る必要がある。(先頭へ