11.参議篁

小野篁 上の句順 下の句順 (INDEX)


わたのはら  やそしまかけて  こきいてぬと  ひとにはつけよ  あまのつりふね
わたのはら 八十嶋かけて 漕出ぬと 人にはつげよ あまのつりぶね
わたの原 八十嶋かけて 漕出ぬと 人には告げよ 蜑の釣り舟

■類似語句  漕・あまの・ふね
■友札 和田の原こ
■親族歌人 小野小町の祖父かもしれない
■歌について
流罪となって、遠く配所(隠岐)に向かうときに作った歌。
■出典
古今集羈旅
■作者略歴
802-852。小野岑守の子。平安初期の学者・漢詩人・歌人。838年、遣唐副使に任じられたが、大使藤原常嗣と争って、乗船しなかったため、一時隠岐に流罪となった。翌年許されて、参議にまでなった。滋賀県和邇村小野郷が領地。京都北大路堀川に紫式部と並んで墓がある。