京都の街角写真

御幸町通           (INDEX:索引へ)


老舗から新しい店が混在しているが共に雰囲気を重視していて、「京都の町らしさ」が感じられる通りです。
ワープロでは「みゆきまち」「ごこうまち」ですが、京都の人は「ごこまち」と読みます。
市バスは走っていないが、結構自動車は走っています。

【森谷】北は「丸太町通」から南は「五条通」に至る。全長約2.4km。
豊臣秀吉の京都改造によって誕生した。


  直接飛ぶのなら  御池
西側南北位置東側
「京都御苑」

clickすれば大きな画像 突き当りは御苑の塀。

もうそろそろ「御苑の東端」です。

(撮影:2017/4/18)
人気パン「ジェム・ル・ブルー」

「青が好き(Jaime le bleu)」は原則水曜のみ営業の「パン(1階)」と「有機豆エスプレッソ(2階)」の店。

(竹屋町下ル)

<平安>源清実

(撮影:2017/4/18)
clickすれば大きな画像 丸太町下ル

御池上ル



ページの先頭
clickすれば大きな画像 「田中塗師勘」(ぬしかん)

御苑の周りには「装束を調える店」もあれば「烏帽子を作る店」もある。とすれば「烏帽子に塗る店」も必要。

(丸太町下ル)

<平安>大炊御門京極殿

(撮影:2017/4/18)
「淨慶寺」(じょうきょうじ)

平安末期「源頼政」邸があったこの地に慶長9年(1604)釋良祐が建立(寺伝)とある。観光寺ではなく布教に熱心。

(竹屋町下ル)

<平安>源清実

(撮影:2017/4/18)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 京味噌御幸町「関東屋」

弘化4年(1847)「関東屋忠兵衛」が創業。現在は六代目。「根っからの京都の店」でこの味噌を好む京都人も多い。

(夷川上ル)

<平安>源清実

(撮影:2017/4/18)
有職塗「平尾傳右衛門」

ここも「有職用の漆、丹の塗師(ぬし)」のようです。「平尾傳治」氏が「傳右衛門」を襲名している。

(二条上ル)

(撮影:2017/4/18)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「中川竹材店」

元禄元年(1688)「竹屋又四郎」が「竹又」として創業。京の町に似合う竹垣を作るのならこの店に頼みたい。

(二条上ル)

(撮影:2017/4/18)
「坂部医院」

坂部孝次(1775〜1853)が江戸末期に開業、現在は七代目。全人医療をモットーに多くの診療科目に対応している。

(二条下ル)

(撮影:2017/4/18)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「京都御幸町教会」

明治31年(1898)から布教を始めた(メソジスト系)。建物は大正2年(1913)ヴォーリズの設計で市指定文化財。見応えタップリ。

(二条下ル)

(撮影:2017/4/10)
「NISHIYAMA RYOKAN」

三代目が「京都テースト」を売りに、外国人にも受け入れられるよう名前も横文字にしている。

(二条下ル)

(撮影:2017/4/18)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 ambient cafe「モール」(Mole)

「植物に囲まれた」アジア風カフェを目指している。癒し系。食事もできる。

(押小路上ル)

(撮影:2017/4/18)
西側南北位置東側
「路地裏3坪雑貨店」

ハンドメイドアクセサリー・雑貨を売っている店。名前がふるっているいますね。あちこちに小さな店を出している。

(三条上ル)

<平安>藤原敦基

(撮影:2017/4/18)
clickすれば大きな画像 御池下ル

四条上ル



ページの先頭
clickすれば大きな画像 「堀邸」

歴史的意匠建造物
御池通「堀金箔粉」の実家。さすが金色の鍾馗さんが屋根に乗っている。

(御池下ル)

(撮影:2017/4/18)
古美術「尾杉商店」

創業約60年
「古美術商」というより「身近な町の小さな骨董屋さん」という感じ。気軽に入れます。

(三条下ル)

<平安>三条京極第

(撮影:2017/4/18)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 御幸町「純心軒」

京丹後の「自然農法野菜、魚、地鶏」を炭火で焼く料理店。「うしのほね」(昭和60年(1985)創業)と同じ経営。

(御池下ル)

(撮影:2017/4/18)
「松久宗琳佛所」

昭和37年(1962)後継者を育成しながら、集団で仏像制作を始めた。建物は「松久仏像彫刻会館」となっている。

(三条下ル)

<平安>三条京極第

(撮影:2017/4/18)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「AT建築事務所」

昭和初期建築のアールデコ風木造三階建の建物を事務所にしている。町屋とは違った「古」の佇まいが好ましい。

(三条上ル)

<平安>藤原敦基

(撮影:2017/4/18)
「カフェ ランス」(Reims)

昭和49年(1974)創業の「エル・エイ・マート」が運営するカフェ。「みまでり」「みます屋」なども運営する。

(三条下ル)

<平安>三条京極第

(撮影:2017/4/18)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「ラジオカフェ店舗」

平成13年(2001)設立のNPO京都コミュニティ放送(FM79.7)が運営するカフェ(「1928ビル1階」)。

(三条下ル)

<平安>三条京極第

(撮影:2017/4/18)
「川村料理平」

「川村良平」氏が独立して店を出した。創作和食。最近の店作りの感が一杯。

(錦小路上ル)

(撮影:2017/4/18)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 京都町屋旅館「サンク」

「East Meets West」(本社は東京)が運営する京都のホテル&カフェ。

(六角上ル)

<平安>三条京極第

(撮影:2017/4/18)
懐石・宿「近又」

享和元年(1801)「近江屋又八」が近江薬商人の定宿として創業。主屋は国登録有形文化財。隣で人気の「ちりめん山椒」を販売している。

(四条上ル)

(撮影:2017/4/18)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「益や酒店」

日本酒のバールですね。午後3時から飲めます。主は女性。なかなか良さそう。今度入ってみたい。

(四条上ル)

(撮影:2017/4/18)