京都の街角写真

錦小路通           (INDEX:索引へ)


“天下の台所”錦市場があるので誰でも知っている。
市場を過ぎるとどんどん静かになる。市バスも走らない。

【森谷】平安京の「錦小路」にあたる。
東は“新京極通”から“壬生川通”に至る。全長約1.9km。
錦市場の絵が掲載されている。


  直接飛ぶのなら 高倉  烏丸  堀川
北側東西位置南側
「錦天満宮」

鳥居の先が店舗の中に

(新京極通突き当り)

clickすれば大きな画像 長保5年(1003)歓喜寺として創建。天正15年(1587)現在の地に移り、明治の神仏分離で神社だけがここに残った。

(撮影:2013/2/24)
「有次」

永禄3年(1560)創業。現在十八代目。御所御用鍛冶。
包丁も素晴らしいが鍋は一生物。お薦めです。

(御幸町西入ル)

(撮影:2017/6/3)
clickすれば大きな画像 寺町西入ル

高倉東入ル



(この間は京の台所「錦市場商店街」になっている
(約0.4km、約150店舗が並ぶ)。



ページの先頭
clickすれば大きな画像 「伊豫又」

元和3年(1617)創業。現在二十代目。
始めは魚の仲介、仕出しをやっていたが、先代が寿司を始めた。今は鯖寿司が有名。

(麩屋町西入ル)

(撮影:2017/7/29)
「湯葉吉」

寛政2年(1790)初代和泉屋吉兵衞が創業。現在九代目。
「京ゆば専門店」を一途に継続している。

(御幸町西入ル)

(撮影:2017/6/3)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 京野菜「川政」

創業約80年
京の料亭御用達の八百屋さん。勿論一般庶民にも小売りしてくれます。品質は信頼が置ける。

(富小路東入ル)

(撮影:2017/6/3)
「麩房老舗」(ふふさ)

天保年間(1830〜)創業
「手作り、笑顔、そして水」の3つにこだわり、生麩を作り続けている。

(麩屋町東入ル)

(撮影:2017/6/3)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「打田漬物」

昭和15年(1940)創業
京都には漬物屋が多い。好みの店は人それぞれ。打田は比較的大規模に営業している。

(柳馬場西入ル)

(撮影:2017/6/3)
「三木鶏卵」

昭和3年(1928)創業
京都のだし巻を買うならここと決めている。年末店員が一斉に焼いている光景は見応えあり。

(富小路西入ル)

(撮影:2017/6/3)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「井上佃煮店」

明治17年(1884)創業
佃煮以外にも惣菜がずらり。年末この店に寄れば「簡単おせち」を自前で手をかけずに整えられる。

(柳馬場西入ル)

(撮影:2017/6/3)
「麩嘉錦店」(ふうか)

この店の麩はどれも美味ですが、「麩まんじゅう」は京都一でしょう。
西洞院通に本店がある。

(堺町東入ル)

(撮影:2017/7/29)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「平野」

昭和28年(1953)創業
人気の惣菜店。デパートにも入っているので買いやすい。

(堺町東入ル)

(撮影:2017/6/3)
北側東西位置南側
古美術「八光堂」京都本店

本社は大阪にあり、全国に店舗を持つ。
買取にも熱心。

(東洞院東入ル)

(撮影:2017/6/3)
clickすれば大きな画像 高倉西入ル

烏丸東入ル



ページの先頭
clickすれば大きな画像 ゆばんざい「こ豆や」錦店

桂の生ゆば「上田湯葉店」が展開する使った「湯葉料理店」。和モダン風。
二条店もある。

(東洞院東入ル)

<平安>四条東洞院内裏

(撮影:2017/6/3)
「タキノ酒店」

トラピスト修道院製クッキーミサ用ワインを取り扱っているお酒屋さん。

(烏丸東入ル)

(撮影:2017/6/3)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「茶房こげつ」四条烏丸店

昭和20年(1945)創業の和菓子屋「鼓月」が2階で展開する茶房。
ついに「かき氷」も始めた。

(烏丸東入ル)

<平安>藤原忠教

(撮影:2017/6/3)
北側東西位置南側
「アスヘノトビラ」

「亀岡のもち豚」を使った「しゃぶしゃぶ」の店。
「サヨナラノアト」から店名を変えた。

(烏丸西入ル)

(撮影:2017/6/3)
clickすれば大きな画像 烏丸西入ル

堀川東入ル



ページの先頭
clickすれば大きな画像 パン屋「ORENO PAN」

平成9年(1997)創業の祇園「フランス料理おくむら」が、白川通に「西洋膳所おくむら」、各所に「ORENO PAN」を続々新店舗展開している。

(烏丸西入ル)

(撮影:2017/6/3)
北京膳「膳處漢」(ぜぜかん)

際コーポレーションが運営する中華料理屋(「菜根譚」も)。暖簾の店名が人目を圧倒する。

(室町西入ル)

<平安>薬師堂

(撮影:2017/6/3)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 ぎをん本家「重兵衛」

祇園で長年営業している京寿司店の本店。
京寿司全般好まれている。特に磯巻、おぼろ巻が名物。

(室町東入ル)

(撮影:2017/6/3)
京料理「井傳」

明治40年(1907)創業。原則仕出しで「おせち」の評判も良い。最近は店でも食べられるようになった。

(西洞院東入ル)

<平安>薬師堂

(撮影:2017/6/3)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 のしめ(熨斗目)・友仙「古川」

昭和2年(1927)創業
京の錦「お子達和装仕立上品」の“言い回し”が如何にも京風。お子達の七五三・お宮参り用に。

(新町東入ル)

(撮影:2017/6/3)
「二條流会館」

百数十年前水島雅荘が開いた「煎茶道二條流」の本部は「堀川通四条上ル」。この会館で煎茶教室を開いている。

(油小路西入ル)

(撮影:2017/6/3)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 河道屋支店「河久」

「河道屋」の支店らしからぬ「汁だくの親子丼」、「きざみうどん」などに人気がある。
「河道屋」の支店関係はよくわからない。

(西洞院西入ル)

(撮影:2017/6/3)
北側東西位置南側
「平岩整骨院」

町の「整骨院」。

「接骨院」とどう違うのか。

(堀川西入ル)

<平安>源俊隆

(撮影:2017/6/3)
clickすれば大きな画像 堀川西入ル

壬生川通東入ル



ページの先頭
clickすれば大きな画像 家傳京飴「祇園小石」

昭和11年(1936)創業(こいし)。祇園石段下に人気の店舗を構えているが、本社は静かなこの地。

(猪熊西入ル)

<平安>藤原基房

(撮影:2017/6/3)
医王山「専徳寺」

「休務寺」の真向かいにある寺。浄土宗。
この界隈はお寺が多く寂しい。

(大宮西入ル)

<平安>帥堂

(撮影:2017/6/3)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「寛遊園」(「木偏に遊」が正)

通りから南に入る「路地一帯」が「寛遊園」と呼ばれる驚くべき飲み屋街になっている。

(大宮東入ル)

<平安>藤原基房「錦大宮第」

(撮影:2017/6/3)
「欣浄寺」

「専徳寺」の隣、「休務寺」の斜向かいの寺。浄土宗。

(大宮西入ル)

<平安>帥堂

(撮影:2017/6/3)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 豊蔵山「休務寺」

慶長18年(1613)貢空が開基。江戸時代の画家「石田幽汀」の墓がある。洛陽四十八願所の第5、6番でもある。

(大宮西入ル)

<平安>藤原家成

(撮影:2017/6/3)
京ラーメン「壬生さだかず」

「後院通」を越えるともはや“錦路地”。夜営業の祇園店が昼だけ2時間営業する店を壬生に作った。

(壬生川通東入ル)

(撮影:2017/6/3)
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「晴申道」(せいしんどう)

細い路地をさらに下ルと、京都で唯一の「ごじんじょう療法」(身体に溜まった電磁波を取り除く)の治療院がある。

(壬生川通東入ル−下ル)

<平安>菅原貞衡

(撮影:2017/6/3)