(東京から引っ越してきた人の作った京都小事典)


嵐電の踏切(京都の街角写真から)           (INDEX:索引へ)


京都に「路面電車」は無くなったが、嵐電(京福電鉄嵐山線)と叡電(叡山電鉄)が一部路面を走っている。
あちこちで「通り」を横切るので、あちこちに踏切がある。

「京都の街角写真」を撮っている最中、踏切の写真もいくつか収集した。
原則、現在の「京都の街角写真」の範囲(四条通より北)に限って、「路線順」に写真を並べてみた。

嵐山本線(四条大宮−帷子ノ辻−嵐山)       北野線はこちら

clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「四条大宮駅」

(1)駅はまさに四条通大宮通の南西角にある。

(2)レトロな一両編成の「帷子ノ辻」行き電車が出発するところ。
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「西院駅を過ぎたあたり」

(1)西院駅を過ぎて西大路通を横切る。西大路通は道幅が広いので踏切バーが無い

(2)踏切で直角にカーブを切ったあたりに「西院車庫」がある。子供たちがよく見物に来ている。
clickすれば大きな画像 「蛸薬師通を遮る踏切」

嵐電は「西院」を過ぎると「西土居通」に沿って北上する。

この辺は専用軌道になっている。
clickすれば大きな画像 「六角通を遮る踏切」

嵐電はまだ北上を続ける。

踏切は六角通西土居通の交わるところにある。(先頭へ
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「三条口駅あたり」

(1)三条口駅を出るとすぐに西大路通を横切る。これは「嵐山行」の電車。

(2)西大路通を越えるとき直角にカーブを切る。二両編成の電車も走ります。
clickすれば大きな画像 「山ノ内駅」

この辺りは三条通の路面を西へを走ります。その分大きな駅は作れず、山ノ内駅は電車ファンの喜ぶ狭小ホームになっています。

乗降時は車に気を付けてください。
clickすれば大きな画像 「太秦駅を過ぎて」(現在の「三条通」)

すぐに北側に「広隆寺」が見えます。

この辺もまだ路面を走ります(ということは「踏切」がない)。(先頭へ
clickすれば大きな画像 clickすれば大きな画像 「帷子ノ辻駅」(かたびらのつじ)

「嵐山本線」と「北野線」が併合する駅です。駅中にも踏切があります。お陰で駅中でも待たされる。
clickすれば大きな画像 「鹿王院駅」(ろくおういん)

現在の「丸太町通」と「三条通」の間を走る。

お隣の「車折駅」(くるまざき)も読みが難しい。

近くに名刹「鹿王院」があります。(先頭へ

北野線(北野白梅町−帷子ノ辻)・・・ごく一部ですが

clickすれば大きな画像 「北野白梅町」

駅は今出川通西大路通の交差するところ、今出川通を「通せんぼ」する形で構えている。
clickすれば大きな画像 「竜安寺道」(「今出川通」の西方)

「北野線」は概ね単線専用軌道です。

「龍安寺」とは結構離れている。「北野線」にはそういう駅が多く、「高雄口」、「鳴滝」などは望遠鏡を使ってもその姿を見ることは不可能である。
clickすれば大きな画像 「一条円成寺町あたり」
(「妙心寺駅」−「御室駅」間)

一条通西京極通をかすめるように、専用軌道を高速で走り過ぎて行く。
clickすれば大きな画像 「御室駅」

「仁和寺」と「双ヶ岡」の間にある。

駅のすぐわきに踏切がある。駅舎(正面)は見応えがある。
clickすれば大きな画像 「常盤駅」(丸太町通)

「北野線」は「高雄口駅」から南下を始め、「常盤馬塚町」で「丸太町通」を横切って、「帷子ノ辻駅」へ向かう。(先頭へ